スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大井川鐵道(旧井川線)

静岡県島田市川根本町
【探索日】2004年4月

数カ月の間、土砂崩れのため不通となっていた
大井川鉄道が復旧したと報道されたので
見学するために、早速訪れました。


ooigawa01.jpg
SLを見る前に長島ダム(大井川ダム)を
先に回ります。産業遺産の「市代吊橋」見学♪
アプトいちしろ駅(標高396m)まで降りて歩いて体感。
…尚、車での乗り入れは‘禁止’だそうです。


ooigawa02.jpg
こちらが「市代吊橋」重厚感がある造りをしてます!

〜案内看板より〜
産業遺産「市代吊橋」
昭和11年大井川電力(株)が大井川ダムの建設に伴い、
木材の流送を補償するため、鉄道用吊橋として建設された。
昭和29年鉄道を井川まで延長する際ルートが変更となり
市代吊橋は道路橋となった。それ以前、昭和8年寸又峡に
飛龍橋、昭和10年土本に三叉橋が鉄道用吊橋として
建設されたが、これらは戦後永久橋に改築されたため
残っているのは市代吊橋だけである。若干の改造は
行われているが、鉄道用吊橋の構造をよく残し、
橋梁の歴史を語る貴重な吊橋である。

認定者  産業考古学会 認定年月日 平成12年5月20日
 吊橋仕様 製造者 三菱重工業(株)   製造年 昭和11年
      型 式 サスペンショントラス 径 間 106.74m
      幅 員 2.12m        制限重量 8トン


ooigawa03.jpg
それでは渡ってみましょう♪


ooigawa04.jpg
隙間から見える大井川…引き込まれそうな高さ。


ooigawa05.jpg
さすがに鉄道用吊橋だけあり揺れません。。


ooigawa06.jpg
長さ約110メートル。あっという間に対岸に着きました。


ooigawa07.jpg
鉄骨むき出しが、また何とも言えない味があります♪


ooigawa08.jpg
ちょっとずれた全体像…
こちら側には発電所が稼働中です。


ooigawa09.jpg
川越しに吊橋を撮影。


ooigawa10.jpg
存分に堪能して、吊橋を引き返します。


ooigawa11.jpg
塗装は新しくされていますが昔ながらのリベット工法。


ooigawa12.jpg
吊橋の袂には以前使われていたモノなのか
まくら木が置かれていました。


ooigawa13.jpg
吊橋横にある大きな糸巻機!


ooigawa14.jpg
見学を終えた時にちょうど機関車が停まっていました。
ED90形アプト式電気機関車(日立製作所製)
全長14020mm、車高3860mm、重量56t
日本一の急勾配を運行するため、レール間の歯型レールと、
機関車のギヤをかみ合わせて登り降りします。


ooigawa15.jpg
途中で見かけた橋梁…かな?


ooigawa16.jpg
次は長島ダムふれあい館より散策コースを歩き
旧井川線トンネル探索です。
急な階段を降りて行くと…ポッカリ口を開けたトンネル。


ooigawa17.jpg
ダム周辺散策コースとパンフには書かれているが;


ooigawa18.jpg
これは短い方のトンネル…ちょっときつくありません?
悩んでいても先に進めないので入ってみます。


ooigawa19.jpg
手掘り風鉄道トンネル。照明がないので真っ暗。


ooigawa20.jpg
カーブした先に光が見えます。安堵


ooigawa21.jpg
短い方のトンネルを抜け、キャンプ場を通過。
その先には先程とは比べ物にならない長さのトンネルが…


ooigawa22.jpg
入口付近で固まる;


ooigawa23.jpg
中からは非常に冷たい風が吹き付けてきます。


ooigawa24.jpg
帰りに先程のトンネルを…潜るの?帰れないし;;
小さな口をめいいっぱい開けてお待ちかね…


ooigawa25.jpg
慎重に早足で中へ突入…


ooigawa26.jpg
やっと光が見えてきました。足元はしみ出た地下水で
ぬかるんでいて結構歩きにくい。


ooigawa27.jpg
ゴツゴツした岩肌が…出口がまだ遠い〜


ooigawa28.jpg
出口寸前、足元を見るとさっきは気が付かなかった
鍵付きの扉…なにが入っているのだろう?


ooigawa29.jpg
やっと出口に到着!距離は短いが、すご〜く長く感じました。


ooigawa30.jpg
長い階段と上り坂を登りきり駐車場へ到着。
完成真近の長島ダムの眺望。


ooigawa31.jpg
さらに長島ダム駅を出発しようとしている
アプト式電気機関車を撮影。
大井川を下って千頭駅へSL見学に行きます。


ooigawa32.jpg
千頭駅ホームへ到着。構内には新旧いろいろな
機関車・電車が停車しています♪


ooigawa33.jpg
こちらは展示保存されているSL
〜説明看板より〜
49616号機(9600形)
9600形SLは大正時代の代表的な貨物列車用SLとして、
800両近く製作され日本全国及び台湾、カラフトで
使われたが、うち250両は軌間を変更して中国大陸へ
送られ、昭和57年頃まで使用された。
速度は65km/nと遅いが、平坦線で1000トン(貨車50両)
の列車も牽引できる強力なSLで国鉄のSLが全廃と
なるまで使用された。
49616号は大正9年川崎車両製で昭和51年に北海道
北見機関区より大井川鉄道へ入線した。
重量94.9t 最大寸法/長さ16.563m 高さ3.810m


ooigawa34.jpg
間近で見学です。このフォルム美しい〜


ooigawa35.jpg
こちらはお仕事中のC-11 312号
客車を引っ張りこれから出発準備のようです。


ooigawa36.jpg
千頭駅名物といったらこれ!転車台(ターンテーブル)


ooigawa37.jpg
英国製転車台(ターンテーブル)
SLの方向を変えるために用いられるモノで、
明治30年イギリスで製造、輸入され東北線で
使用された。その後新潟県の赤谷線で使われたが
産業考古学会から動態保存を望まれ、大井川鐵道で
復元設置し今でも使用されていると言う事です。
手動で2人の力だけで、SLを動かし回転できるそうです。


ooigawa38.jpg
ホームに置いてあった設備。
投炭練習機で石炭をうまく燃やすために
火室の中へ上手に散布しなければならず、
この模型投炭練習機できびいしい訓練を
行います。これは9600形SLの模型で
今はどこにもない、貴重なモノだとか。


ooigawa39.jpg
むかし懐かしい木製の電柱。


ooigawa40.jpg
千頭駅のホームにちょうどC-11 8号が
観光客を満載して到着しました。


ooigawa41.jpg
金谷駅からの長旅のあとのしばしの休憩。。
煙突から昇る煙りのイメージカット…


ooigawa42.jpg
運転席をちょっと拝見。。
出発前に後ろ髪引かれる思いで千頭駅を後にしました。


ooigawa43.jpg
帰る途中に通過した橋。何か普通と違うなと思ったら
鉄道用橋を車用に転用した「渡谷橋」でした。
一度しか乗った事がないSL。今度はゆっくりと
SLの旅を満喫してみたいものです。。
スポンサーサイト

軽便奥山線

静岡県浜松市内
【探索日】2005年10月

軽便鉄道奥山線は大正3年に浜松市元城から引佐町金指間で
開通した鉄道です。大正12年に浜松市板屋町から
奥山まで全線開通。戦時中には度重なる空襲で
被害を受けながらも、運休する事なく沿線住民の足として
活躍しました。しかし自動車の普及に伴い昭和38年に
奥山から気賀口の区間、翌39年には全線で廃止となりました。


okuyama01.jpg
煙突の形からラッキョウ軽便の愛称で親しまれていました。
※当時の写真はトンネル内に展示されています。


okuyama02.jpg
太線で引かれた所が、当時軽便鉄道が走行していた区間です。


okuyama03.jpg
浜松城付近に残され保存されている亀山トンネル。
もちろん通行でき、地域住民に活用されています。


okuyama04.jpg
亀山トンネルの銘板。


okuyama05.jpg
赤煉瓦が美しいトンネル内。かなり狭いです;


okuyama06.jpg
中央付近に展示されている写真。
汽車から電車に移行した当時のモノです。


okuyama07.jpg
亀山トンネルを抜けました。


okuyama08.jpg
しばらく歩いて行くと次の短いトンネルが現れます。


okuyama09.jpg
広沢トンネルです。


okuyama10.jpg
こちらもとても美しいです。
大切に残していただきたいですね。


okuyama11.jpg
車止めにも動輪型が使われていました。


okuyama12.jpg
天竜浜名湖鉄道気賀駅付近に残された跨線橋跡。


okuyama13.jpg
天竜浜名湖鉄道(旧二俣線)の線路を文字通り跨いでます。


okuyama14.jpg
長い年月放置されているので跨線橋の上には草が…


okuyama15.jpg
小斎藤駅跡に設置された案内看板。


okuyama16.jpg
軽車両までが通行できる鉄橋跡。


okuyama17.jpg
橋脚には当時の赤煉瓦が残っていました。


okuyama18.jpg
終点の奥山駅付近に人知れず残された橋桁。


okuyama19.jpg
当時そのままの姿をとどめているそうです。


okuyama20.jpg
彼岸花に囲まれて…


okuyama21.jpg
ボルトも風化し同化していました。


okuyama22.jpg
橋桁をずっと支え続けた橋脚です。
駆け足でしたが、軽便鉄道奥山線の旅を終わります。

大崩海岸

静岡県中部地区
【探索日】2001年9月

国道150号線(海側)に建設されたトンネル。
しかし、崖がもろく崩れ易い為、度々通行止めとなり、
代わりに海へ大きく迫り出した海上橋を造る事に…


okuzure01.jpg
海岸線の国道を東へ曲がりくねった道を通りトンネルを抜けると、
海に突き出した橋。そして、山側に廃トンネルが現れます。
駐車場が一杯だった為、海上橋を渡り車を停めました。
橋のたもとには「鎮魂」と刻まれた慰霊碑があります。


okuzure02.jpg
プレートには「石部第三洞門」と記されていて、
昭和40年9月に竣功したようです。


okuzure03.jpg
静岡側一番手前のコンクリート製トンネル。鉄筋がむき出しに…


okuzure04.jpg
鉄骨部分。海に近いので思いっきり錆びています。


okuzure05.jpg
その奥は…土砂崩れにより崩壊。
撮影中もカラカラと石が落ちてきます。


okuzure06.jpg
こちらは結構長いです。足下にはたくさんのフナムシ君達…まるで黒い絨毯



okuzure07.jpg
長いトンネルを抜けると、もう一つ小さいトンネルがありました。一通り撮影終了。


okuzure08.jpg
戻り際、トンネルの中で動くモノの気配!
何か白いものが左から右へ移動していきました。
その時撮った写真。見る限り何も写っていません…
ここはいろんな意味で危険です!


okuzure09.jpg
駐車場の落書き…とても重い言葉です。

小笠山の仮面

静岡県掛川市
【探索日】2003年12月

案内人:みっと様

kaz_N様からの情報です♪◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
小笠山の池に、池の守り神となっている赤い仮面があるらしいです。
昔は白い仮面だったらしいのですが、誰かが盗んで金にする寸前で
事故か何かがあったそうです。その時の血で今も赤いという話です。
小学校の頃、遠足でその池に行った時、何人かが先生に内緒で
その仮面を探しに行って、全員が泣いて帰ってきたのを覚えています。
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


kamen01.jpg
情報を頂いたので、みっと様をお誘いして、
小笠山探索に出掛けました。たくさんあるため池の中から、
目的の場所を見つけ車を置き探索開始。


kamen02.jpg
右回りか左回りで悩みましたが、ため池の岸沿いにある
獣路を見つけ草を掻き分け進んでいきます。


kamen03.jpg
途中で見つけた水路用トンネル。雰囲気のよさに入ってみました。


kamen04.jpg
石がむき出しの手堀水路です。足元には水が残っていますが、
歩行には支障をきたしません。


kamen05.jpg
出口に到着!思わぬ発見に志気が上がりました♪


kamen06.jpg
歩きやすいので、水路を進んでいきます。


kamen07.jpg
切り通しのような場所。


kamen08.jpg
途中、木が倒れている所もありますが、構わず先へ進んで行くと…


kamen09.jpg
木の根元にぶら下がる怪し気な物体…
みっと様が発見しましたが「…仮面ってこれ?」
二人で「?」となったのは、お堂の様な施設の中に
安置されている事を想像していたからです。


kamen10.jpg
みっと様に持って頂き表面を撮影。
金属製の板を裏から叩き出しで形を整形したモノ。
それもニ枚…確かに赤い色が剥げ落ちた痕跡もあるし…
さらに気になったのは後ろに掛けられたジャンパー


kamen11.jpg
裏側から…風になびいてすぐ後ろをお向きになられる…


kamen12.jpg
仮面を後にして水路を登っていきましたが、
悪路になったので断念。その時も仮面はお堂にあると
信じていたので建物を捜しまわっていました。
ため池の一番奥を写して帰る事に。。


kamen13.jpg
行き掛けには気が付ませんでしたが、さらに大きな
トンネルがありました。みっと様が中に入られたのですが、
(私は体力的に段差を登る自信が無かったので見物;)
奥へ行く程、温度が上がっていたそうです。
空気が澱んでいるためなのか?

ここでため池探索は終了。
その夜、kaz_N様に写真を見て頂いた所、仮面は二枚あるとの
噂なのでほぼこれに間違い無いのでは。と、言う事でした。
kaz_N様情報ありがとうございました。

小笠池

静岡県掛川市
【探索日】2003年12月

案内人:みっと様

前回小笠トンネル探索の時に
土砂崩れで進めなかった吊り橋を目指し、
再挑戦を掛けました。


pool01.jpg
駐車場に到着後、前回写すのを忘れたトイレを撮影。
つい最近閉鎖されてしまったとか。
※現在はリニューアル。



pool02.jpg
隙間から男子トイレをちょっと拝見。


pool03.jpg
女子トイレも拝見。


pool04.jpg
戸が壊されています。トイレットペーパーがまだ…


pool05.jpg
トンネルへ向かう前にもう一度外観を撮影。


pool06.jpg
ニつの小笠トンネルを素通りし
途中から見た小笠池…水が完全に抜けている状態。


pool07.jpg
橋の下を見てみると浮島がここに係留(?)されています。


pool08.jpg
三つ目のトンネルを抜け、前回土砂崩れのため引き返した
場所から奥へ進みます。途中には崩れて埋まった
休憩所の屋根が僅かにのぞいていました。


pool09.jpg
道が崩れています。一応ロープが張ってありますが…
迂回して山道に入ります。


pool10.jpg
険しいハイキングコース(?)をしばらく歩くと
吊り橋が見えてきました。


pool11.jpg
「やはぎはし」吊橋架設が昭和55年3月で、
改修されたのが平成8年3月だそうです。


pool12.jpg
結構な高さがありますが、頑丈なので安心して渡れます。


pool13.jpg
堤の方を…池の中に取り込み口が見えます。


pool14.jpg
山側の方も…みっと様はこの沢を登った事もあるそうな(汗)


pool15.jpg
下を覗いてみましょう!!何かの足跡が点々と残っています。


pool16.jpg
拡大して…鳥でしょうか?


pool17.jpg
野鳥観察用の建物です。


pool18.jpg
小笠山憩いの森とよばれている休憩場。


pool19.jpg
先程の浮島が係留されていた階段です。
そのまま降りると池に落下ですよ!


pool20.jpg
建物があったので拝見する事にしました。


pool21.jpg
ハンドルが4つ。用水取り入れ口の施設でした。


pool22.jpg
鎖で固定されていますが、まだ稼動するのでしょうか?


pool23.jpg
ハンドルの先のケーブルとはしご…


pool24.jpg
小笠山憩いの森入口にあった石碑です。
…小笠池竣工記念碑より…
小笠池沿革
此の小笠池は団体営県営下小笠川用水改良事業として、
昭和二十七年着工、昭和三十九年竣工。
総工事費8623万円で、堤長89.69米、堤高24.6米、
満水面積29380平方米、貯水量201500立方米、
集水面積37ヘクタールである。本溜池は新設で
当時は機械力もなく殆んど人工で運搬道路、付替道路
及び隧道三ヶ所用水路等構築し旧土方村一圓を潤し
山水の美は観光的にも永遠の宝庫的存在である。
昭和47年11月建立


pool25.jpg
堤の上をぼちぼちと歩いていきます。


pool26.jpg
ちょうど近所の方がいらっしゃったので、お話を伺うと
小笠池の堆積した土砂を取り除いて、取り入れ口を直す
工事の準備のため、水を抜いたとか。


pool27.jpg
先程の吊り橋が池の奥に見えます。


pool28.jpg
山の上の小笠神社の社務所と宿泊研修施設。


pool29.jpg
道を下っていくと小笠トンネルの1つ目の入口に到着。
これで小笠池探索は終了です。ご案内頂きましたみっと様、
お陰様で色々面白い発見が出来ました。
ありがとうございました。。


pool2004.jpg
2004年3月に送っていただいた写真。
1月の深夜その火災は起きた。
案内板は半焼し、消火剤たガラスが飛び散り、
車が全焼していたそうです。
車の中でシンナーを吸っていて引火したとか…
このような人里はなれた場所では、
何が起るか何に遭遇するか判りません。
探索時には充分注意して下さい。

高天神城跡(夜の部)

静岡県西部地区
【探索日】2008年6月

携帯サイトの納涼企画として訪れた夜中の高天神城跡。
「搦手門趾」を抜け、石段を登る時に
その声は聞こえました。
ささやくような女性の声が・・・




080627_21237E01_0001.jpg
同行していただいた方が撮影したその時の写真。






080627_21237E01_0002.jpg
明るくしてみました・・・

着物を来た女性がうっすらと見えます。






080627_21477E02_0001.jpg
こちらは「かな井戸」

この後、本丸跡まで登り引返しましたが
終始何者かに見られている感じがしてました。

小笠山トンネル

静岡県西部地区
【探索日】2003年1月

同行者:「異界への招待状 やっくん様、紫陽花様 」

高天神城跡の北部に位置する小笠山。
そのハイキングコースの途中に、
3本の手彫りのトンネルが残されています。


ogasa01.jpg
駐車場に車を停め、細い山道を少し登った所に
第一トンネルが口を開けて待っています。


ogasa02.jpg
入り口近くまで来た時、怖くなってUターン(恥)
以上の写真は、今回の探索以前に撮影した写真でした…


ogasa03.jpg
いよいよ突入の日が…今回は3人なので余裕です(汗)
前回にはなかった通行禁止の案内。
崩壊が進んでいるのでしょうか?


ogasa04.jpg
夜の第一トンネルの表情(冷汗)周りは物音一つしない闇。
昼間でも無理なのに、夜に一人での突入は絶対イヤ!!
…では突入!


ogasa05.jpg
コンクリートは入り口のみで中央部は
ゴツゴツした岩肌がそのまま。
長さは100m位だったでしょうか?
空気がよどんでいるのか鼻をつくカビの臭い。


ogasa06.jpg
第一トンネルを抜け、しばらく歩くと
第ニトンネルが姿を現します。


ogasa07.jpg
ほぼ造りは一緒の感じで、
奥からは風が吹き抜けてきます。
長さは短いです。


ogasa08.jpg
第三トンネル出口…造りが一緒なモノで(汗)
特に異様な雰囲気はありませんでした。
更に進み吊り橋へ向かうと、道が途中で無くなっていました。
この辺りが崩れて通行が出来なくなったようです。

今回は夜の早い時間だったため、
遭遇はありませんでしたが、この近辺は事件が多発している
場所なので行かれる際は十分気を付けて下さい。
トンネルの中でオイタすると補強がしてないので埋まります。。

摩利支天塚(マリシテンヅカ)

静岡県富士宮市
【探索日】2006年4月

住宅地から離れた静かな杉林の中に塚はあります。
塚は周囲64m、高さ8mほどで、地元では
「石塚」と呼ばれ大切にされています。

参考書籍:静岡ふしぎ里かくれ里/著者:鈴木茂伸 様 発売元:静岡新聞社


marishiten01.jpg
生憎の雨の中、薄暗い杉林を進んで行くと
「摩利支天塚」の看板が現れます。
見つけたと同時に空には青空が。


marishiten02.jpg
矢印の先には、石を積み重ねたような小山。


marishiten03.jpg
富士宮市教育委員会が建てた「摩利支天塚」の案内板。


marishiten04.jpg
「摩利支天塚」
この塚の石は、明治初年沼久保字小松原の「佐野幸左衛門」が
一人で集めたといわれる。大石も『南無摩利支天』と唱えると
動いたということである。


marishiten05.jpg
石碑の傍らには馬の蹄鉄が奉納されています。
牛馬の慈しみを込めた馬頭観音もあるようです。


marishiten06.jpg
この大きな石も呪文を唱えるだけで動いたのでしょうか?


marishiten07.jpg
一つ一つの石の表面はごつごつしています。


marishiten08.jpg
塚の周りにも春が訪れました。


marishiten09.jpg
お地蔵様もひっそりと佇んでおられます。


marishiten10.jpg
塚は綺麗に管理され、参拝に訪れる方も絶えないようです。


marishiten11.jpg
石碑に手を合わせ神聖な地を後にしました。

雷様のばち

静岡県掛川市
【探索日】2003年3月

〜遠州の昔話より〜
昔、遠州の海沿いの村は日照りが続いて、村人達は弱り果てていた。
お寺の和尚さんは、一人裏山に登り祭壇を作り、護摩を焚き一心に祈り始めた。山に籠って六日後、和尚さんが倒れる直前にわかに黒雲がわいて、雷が響き渡り大雨が降ってきた。
和尚さんは、ほっとして立ち上がったそのとたん、ピカピカッ、ズシーンと物凄い音がして近くの木に雷が落ちました。木のそばにすりこぎのような石の棒が転がっていました。
「なんじゃこれは?さてはさっきの雷さま、太鼓のばちを落としていったか。雷さまが雲の上じゃ返すわけにはいかんわい。」と、和尚さんはそうつぶやいて石の棒を大事に抱えて寺の宝にしたそうな。


kaminarisama01_20120801172430.jpg
普門寺は、奈良時代文武天皇の時代(704年)華厳宗の僧行基が行脚の途中にこの地に来て、千手千眼観世音像を本尊として建立したとされる、歴史のあるお寺です。現在のご住職は139代目…

小堀谷鍾乳洞

浜松市青谷
【探索日】2003年11月

〜案内看板より〜
ある時、土地の農夫が草刈りに行き、洞窟に入って
神像に向かい「霊あらば吾が面の瘤を快し給え」と
祈り去る。その夜、農夫は霊夢終わりて快癒の
思いをなす。明朝、面の瘤は崩れて平快すと。
これを聞いて、近人は洞窟に参り願いごとを祈る。
翌月頃には遠所にも聞こえ、1日の参詣者は、
1000人にも及んだ。
(文化7年の内山真竜日記より)


koboritani01.jpg
阿多古川上流に伝説付の洞窟があると情報を頂き訪れました。
車1台がやっとの山道を登っていくと
鍾乳洞を示す看板があります。


koboritani02.jpg
駐車場正面には延命地蔵様が祀られている祠。


koboritani03.jpg
鍾乳洞入口。見た目狭いかな?と感じましたが、
整備されていて簡単に中に入れるようになっています。


koboritani04.jpg
入口右手に謎の支柱…説明看板を読むと
鍾乳洞内は照明が付くそうです。。ただし手動式。


koboritani05.jpg
照明をONにして中に突入!



koboritani06.jpg
これは親切!休む所があります。
岩が迫出しているので頭上には注意が必要。



koboritani07.jpg
地下水がしみ出していて足元が滑るので
こちらにも注意して進みます。


koboritani08.jpg
段差になっている場所があります。
なにか祭壇のようにも見える空間。


koboritani09.jpg
天井の高い大広間の様な場所。
向こう側に上へと続く階段が見えて来ました。


koboritani10.jpg
石段になっている先に外の光が差し込んでいます。


koboritani11.jpg
照明が届かない所でフラッシュを
たかないとこんな感じ。


koboritani12.jpg
階段を登り切った所。この先は竹やぶに
道が続いていて畑に入ってしまいます。


koboritani13.jpg
階段を降りて鍾乳洞内に戻ります。
右の場所が先程の祭壇の様な空間。


koboritani14.jpg
右に目を移すと鍾乳石がお地蔵様の様な形に…
農夫はこちらの神像に願いを込めて瘤が治ったようです。


koboritani15.jpg
祭壇の奥。照明が届かないのでこちらは真っ暗。


koboritani16.jpg
一通り探索をして、鍾乳洞を後にしました。
帰りに照明のスイッチを切るのを忘れずに!!

この鍾乳洞は、昭和54年7月23日の試掘の結果
奈良時代末期の遺跡であることが判明したそうです。
〜案内看板より〜
NEXT≫
プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。