スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城下トンネル

群馬県
【探索日】2003年12月

ご案内人:「異界への招待状」やっくん様

国道122号線を渡良瀬川沿いに走り
黒保根村に入ると見えてくるトンネル。
霊目撃と交通事故多発で全国的に有名になった。
噂は、若い女がボンネットに覆いかぶさる、
首のない人が立っていた、車の前に首だけが現れる
等々があり、心霊写真も数多く撮られた。


歴史は古く、戦国時代山に築かれた「深沢城」があった。
しかし戦乱に巻き込まれ落城。多くの人が亡くなった。
さらにトンネルの上には、処刑場があったとも言われている。

足尾銅山の労働から逃走してきた人達が、
力尽きて倒れたり、追跡者達が脱走者を捕らえ
惨殺した場所もこの辺りだったそうだ。
昭和22年(1947年)のカスリーン台風で
渡良瀬川が氾濫し、多くの死者が流れ着いた場所。
そのため霊が出没する条件が、十分過ぎるほど揃っている。





shiroori_01.jpg
現場に着いた感想は、100メートルほどのトンネルで、
何故これほどの事故が多発したか疑問に思ってしまう。




shiroori_02.jpg
トンネルの横には、旧道の橋が残されている。




shiroori_03.jpg
それでは徒歩で城下トンネルへ進みます。




shiroori_04.jpg
ヒンヤリとした空気が流れています。
通行する車の量も多い。。




shiroori_05.jpg
反対側に渡って…




shiroori_06.jpg
すぐ出口に到着です。




shiroori_07.jpg
出口側でもう一度トンネル中央を撮影。




shiroori_08.jpg
栃木側のトンネル口。




shiroori_09.jpg
トンネルより数メートル進んだ所に建つ供養塔です。
頻発する交通事故や霊の目撃情報、さらには当時の村長も
霊を目撃した事もあり1985年3月に事故犠牲者を弔うため、
村人達の願いが込められた供養塔が建立された。
しかし今でも年に数回、霊の目撃情報があるそうです。
スポンサーサイト

おせんころがし

千葉県勝浦市
【探索日】2004年7月

ご案内:『噂の現場』sudoh様

〜案内看板より〜
高さ20メートル、幅4キロメートルにも及ぶ
この「おせんころがし」には、いくつかの悲話が残されています。
豪族の一人娘お仙は日頃から年貢に苦しむ領民に心痛め、
強欲な父を見かねて説得しましたが聞き入れてくれませんでした。
ある日のこと、領民が父の殺害を計画し機会をうかがっているのを
知ったお仙は、自ら父の身代わりとなり領民に断崖から夜の海へ
投こまれてしまいました。領民たちは、それが身代わりのお仙で
あったことを翌朝まで知りませんでした。悲嘆にくれる領民たちは、
わびを入れ、ここに地蔵尊を建てて供養しました。
さすがの父も心を入れかえたということです。
平成12年3月  勝浦市




osen_01.jpg
国道沿いに案内看板がありそこを辿って行くと…
車の幅ギリギリの悪路。。開けた場所に石碑が見えて来ます。




osen_02.jpg
こちらが領民たちが建てたと云われるお仙の地蔵尊。




osen_03.jpg
傍らには案内看板が建っています。
昼間は観光地なんですが…夜は;
闇の中で波の音が断続的に響いています。




osen_04.jpg
奥を見ると車がUターンするスペースのみあります。
柵の先へ進んでしまうと…




osen_05.jpg
暗くてわかりませんがかなりの高さ;




osen_06.jpg
丘になっている所から急激に落ち込んで断崖です。

ここではさらに悲惨な事件があった。

[母子三人殺し]
昭和26年10月、国鉄興津駅の待合室にいた三人の子供を連れた女性を、
言葉巧みに誘い出した犯人は、おせんころがしに差し掛かったところで、
女性を襲おうと、邪魔な子供三人を殴打や叩き付けて次々と断崖へ投げ落とした。
女性を犯し絞殺した犯人は、死体を投げ捨て、
さらに子供のとどめをさしに崖下へ。
長女だけが唯一奇跡的に生き延びる事が出来た。
ちなみに犯人は、6人の女性と2人の子供を殺害、強盗強姦殺人及び
殺人の罪で二つの裁判所から死刑判決を二つ下され昭和28年に死刑確定。
昭和34年10月14日死刑が執行された。
〜別冊宝島/身の毛もよだつ殺人読本より抜粋〜

気多大社

石川県羽咋市
【探索日】2011年5月
創建2100年の歴史を綴る能登一の宮。
近年は縁結びの神社としても人気です。
拝殿裏には一万坪の原生林「入らずの森」があり、
多くの「氣」が集まる神域とされています。


KETA_01.jpg
朝早く到着。まだ誰もいらっしゃらないのでゆっくり撮影させていただくことに。






KETA_02.jpg
立派な鳥居をくぐり境内へ入らせていただきます。






KETA_03.jpg
御祀神は大国主神(オオクニヌシノカミ)






KETA_04.jpg
清々しい空気の境内。






KETA_05.jpg
樹齢約千年の﨓の木(たぶのき)






KETA_06.jpg
境内の見取り図です。
入らずの森の敷地が広大なのがわかります。






KETA_07.jpg
本殿前の歴史ある山門。






KETA_08.jpg
こちらが本殿。






KETA_09.jpg
本殿右横に進むと縁結びの道。
さらに奥には・・・






KETA_10.jpg
多くの「氣」が集まるといわれる神域の「入らずの森」への入口。






KETA_11.jpg
気をいっぱいに頂き帰ることにします。
参道横に「幸運のだいこく様」の案内板が・・・
お参りさせていただきます。。






KETA_12.jpg
微笑みの素晴しい大黒様がいらっしゃいました。

幸福地蔵(しあわせぢぞう)

新潟県
【探索日】2007年8月
新潟にある、高さ17.5mの日本一大きなお地蔵さま。
1983年(昭和58)に建立されました。


Happy01.jpg
山間を走っていると大きなお地蔵さまが
立っておられたので早速見学に向かいます。
静かな境内を歩いて行くと大きな石碑が建っています。




Happy02.jpg
瀬戸物の狛犬・・・シーサー風;




Happy03.jpg
小さな鳥居に小さな祠。中には小さな
御本尊さまが鎮座されています。




Happy04.jpg
紫陽花に囲まれて恵比寿さまも微笑んでます。。




Happy05.jpg
とても穏やかな表情の地蔵さま。




Happy06.jpg
門柱のくり抜かれたところにも・・・




Happy07.jpg
日本一の大きさのお地蔵さま。。
とても神々しいお姿で思わず合掌。
静寂に包まれやさしい空気が漂う空間でした。

新年のごあんさつ

謹賀新年

IMG0018.jpg

お健やかに佳き新春をお迎えのことと存じます。
昨年中は格別のお引き立てを賜りまして、厚く御礼申し上げます。
本年もなにとぞ‘Neo NATS’をよろしくお願い申し上げます。

平成26年 元旦 
プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。