スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両国回向院

レポ提供:ヴラド魔王様

東京都墨田区

ryougoku_01.jpg
両国回向院に行くには秋葉原から総武線各駅停車に乗り、
2つ目の両国駅で降ります。国技館の在る方の出口でなく
京葉道路(国道14号)がある西口から行くのが便利です。
撮影をした日はちょうど相撲の千秋楽でしたので、
沢山の見物客が来てました。街中には力士さんの姿もちらほら…
ちゃんこ鍋料理店も多いですねぇ。




ryougoku_02.jpg
国技館通り沿いを歩きますと大きな鉄門が前方が見えてきます。
其処が両国回向院です。1816年(文化13年)建立されました。




ryougoku_03.jpg
案内看板です。
江戸時代の起きた安政大地震や明暦の大火(1657年)や
関東大震災での無縁仏の供養塔があります。
また境内には動物供養塔もあります。東京で非常に珍しく
ペットも出入りできるお寺です。参拝した際もペットを連れた方を
見掛けました。その他に事件・事故での無縁仏供養碑もあります。




ryougoku_04.jpg
綺麗な参道を進み左に曲がりますと広い広場にでます。
広場の右側にはあの方の墓が在ります。




ryougoku_05.jpg
怪盗鼠小僧の墓です。確か本山の北千住回向院にも
同じく鼠小僧の墓が在りますが…どちらが本物なんでしょうか…?
因みに両国に在る墓は…明治2年、歌舞伎役者の市川団升が歌舞伎が
大当たりした御礼に、永代供養料を添えて建てた物です。
今あるお墓は大正15年に創られた2代目。1代目はやはり削る人が
沢山居たらしくて墓の前にはお持ち帰り用の墓(お上)があります。




ryougoku_06.jpg
これが「お前立ち」です。受験や試験に御利益があるそうですから…
激しく削られてます。削り用の石もありました。




ryougoku_07.jpg
私も試しに削ってみましたが…普通の力では削れません。
渾身の力を込めないと削れません。かなり硬い石です。




ryougoku_08.jpg
2代目の墓を削る方は居ない様で。無事に原形を留めてます。




ryougoku_09.jpg
広い広場の左側には動物供養塔がありました。
動物も人間同様に手厚く葬られる時代が来たんですねぇ。
最近では動物保護法も国会で成立しましたし。




ryougoku_10.jpg
これは猫供養碑




ryougoku_11.jpg
犬供養碑




ryougoku_12.jpg
小鳥供養碑




ryougoku_13.jpg
動物供養塔の脇にぽつんとありました。
恐らくは…野良犬用無縁仏供養碑と思われます。
此処だけ寂しい……




ryougoku_14.jpg
人間同様の墓に?立てる卒塔婆がずらりと並んでました。
飼い主だった人の思いが伝わります。
北千住の本山と比べここはなかなか整備が行届いてました。
やはり人間相手だけではなり行かない時代なんでしょうか?
(お寺がですよぉ〜)

以上両国回向院レポートでした。
スポンサーサイト

穴守稲荷神社

レポ提供:ヴラド魔王様

東京都大田区

anamori_01.jpg
穴守稲荷神社に行くには京浜急行の品川から
快速特急で蒲田迄行き京急羽田線の乗換て
穴守稲荷駅で降ります。





anamori_02.jpg
駅前アーチ回廊です。奥に見えます大きな
鳥居は大手建設会社大成建設社が寄進した物です。




anamori_03.jpg
道の脇にぽつんと置かれてました。
「コンちゃん」です。最近寄進されたようです。




anamori_04.jpg
アーチ回廊を抜けて左に曲がりますとコンビニが見えます。
其処を右曲がり住宅地の道を5分程歩きますと到着します。




anamori_05.jpg
穴守稲荷神社の案内板です。




anamori_06.jpg
本殿の脇には狛犬ならぬ狛狐の親子石像が
鋭い視線で入口を見張ってます。




anamori_07.jpg
穴守稲荷神社本殿です。




anamori_08.jpg
奥ノ宮の入口です。




anamori_09.jpg
奥ノ宮本殿です。




anamori_10.jpg
招福砂案内板です。




anamori_11.jpg
此れが招福砂です。御賽銭を置きまして御砂を頂きました。
欲ばって沢山御砂を紙袋に入れますと…
溢した際はかなりの苦労を強いられますから欲をはらず少量にしましょう。




anamori_12.jpg
奥ノ宮の内部です。沢山の御狐様の像が奉納されてました。




anamori_13.jpg
鳥居も凄い沢山奉納されてました。




anamori_14.jpg
穴守稲荷神社を後にしまして次は羽田の赤鳥居を見に行きます。
神社正門から左に曲がり真直ぐ行きますと海老名川に到着します。
稲荷橋を渡りますと広大な羽田空港が見えます。
赤鳥居を見たい方は浜松町からの東京モノレールか
京浜急行の天空橋駅で降ります…運賃はややモノレールが高いです。
京浜急行との乗客獲得競争で押されて経営苦しく…
とうとうJR東日本グループの一員に成りました。




anamori_15.jpg
広大な羽田空港沿いを暫く歩き続けます。
海沿いですから海からの風が強いです。




anamori_16.jpg
遠くに赤鳥居が見えて来ますが…




anamori_17.jpg
弁天橋交番が在ります。私が訪問した時、羽田空港で事件が…
この事件以降空港周辺の警備が一段と厳しく成り、
私は歩道で警察官に職務質問と手荷物検査を受けました。
血のけが引きましたね…




anamori_18.jpg
警備上歩道橋が無く横断歩道は少なくかなり歩きました。
対岸に渡り歩くこと20分程で赤鳥居に到着します。




anamori_19.jpg
此れが有名な赤鳥居です。




anamori_21.jpg
赤鳥居説明板です。




anamori_24.jpg
羽田空港が出来る前は広大な穴守稲荷神社が存在してましたが…
昭和20年敗戦、米軍の進駐により穴守稲荷神社は空港建設の為に
強制移転されました。本殿は羽田五丁目に移転しましたが、
沢山在った鳥居は次々と倒されて行きました。
しかしこの鳥居は倒れる事は無く抵抗しました。
無理やり倒す試みすると必ず死傷者が出たため
鳥居は放置されました。




anamori_22.jpg
鳥居の前には沢山の説明板が在りました。




anamori_27.jpg
因みに羽田空港には穴守稲荷神社の分社が在ります。
平たく言えば羽田空港の守護神は「狐様」が
守護している事に成ります(汗)幸い羽田空港での
大事故は昭和57年に起きた日航空350便DC8型機の
C滑走路前300メートル沖の東京湾に墜落事故(死者24人・
重軽傷者150人)以来大きな事故は起きてはいません。
C滑走路やその沖では今でも狐火が時々出るそうです。

…あっ!成田空港には成田山新勝寺の分社が在ります。
2つの空港の明暗を分けてますねぇ(笑)




anamori_26.jpg
此れはアルバムからの撮影です。
工事前の弁天橋と鳥居周辺の様子です。




anamori_25.jpg
此れが弁天橋です。原型を留めてません。




anamori_28.jpg
鳥居の目の前の弁天橋が老朽化し、新しい弁天橋が建設中です。
かなり近くまでに工事置き場が迫ってました。
工事はかなり鳥居に配慮した現場に成ってました。
至る所柵と歩道が設置されてました。
以上穴守稲荷神社と赤鳥居レポートでした。

【秋水】燃料庫跡

千葉県柏市
【探索日】2004年7月18日

ご案内:『噂の現場』sudoh様


akisui_00.jpg
ドイツの世界初のロケット戦闘機
「メッサーシュミットMe163 コメート」
その技術提供を受けて開発された局地戦闘機
「秋水」のロケット燃料庫跡です。






akisui_01.jpg
少ない情報から住宅地の中を走り回って頂き
辿り着いた交番の裏手…ナマコのような
異様なコンクリート製の物体が横たわっています。




akisui_02.jpg
分厚いコンクリートで、とても危険だった
ロケット燃料を貯蔵していました。




akisui_03.jpg
壊れた換気筒痕から中の様子を覗いてみます。
ごみが溜まっています。。




akisui_04.jpg
住宅地に横たわる燃料庫…




akisui_05.jpg
草にも覆われています。




akisui_06.jpg
場所を移動します…住宅地を走っていくと
草木に覆われた建造物が!燃料庫の開口部、
タンク車がバックで入れる造りだそうです。




akisui_07.jpg
こさらに上に移動すると…やっと見つけました。
畑の中に突き出した6つの換気筒。
燃料は取扱いがとても危険なのでこのような
換気筒が必要だったようです。




akisui_08.jpg
農作業していたご夫妻の許可を得て
筒の中を覗いてみます…土が堆積。




akisui_09.jpg
名残り惜しみつつこの地を後にしました。
聞いた話では、この下の貯蔵庫には許可を貰えば
見学が出来るとか。中はまるでプラットホーム
のような造りになっているそうです。

旧下仁田トンネル

群馬県
【探索日】2003年12月

ご案内人:「異界への招待状」やっくん様

情報では火葬場近くにあるトンネルとしか紹介されておらず、
公開されているサイトもなく関東のサイトでは都市伝説
とさえ言われていた場所。噂では火葬場の近くにあるため
魂が集まるとされ、過去に婦女暴行事件、謎の事故が
多発した所とされています。


shimonita_01.jpg
市街地を抜け、民家が点在する山道へ…
やっくん様の事前の調べでは地図上にそれらしい
トンネルがあるという事。火葬場を右手に見ながら
明かりが全くない漆黒の暗闇をさらに進むと…
突然トンネル入口が現れた!




shimonita_02.jpg
入口周辺には名前を示すプレートもない。
山のトンネル独特の吹き抜ける風を受けながら、
中を偵察…言い知れない雰囲気…




shimonita_03.jpg
ヘッドライトに照らされたトンネル内に突入!




shimonita_04.jpg
壁にはコンクリートを吹き付けた形跡。
落書きもほとんどなくまだ真新しい…




shimonita_05.jpg
中央付近。鋪装も整備されています。




shimonita_06.jpg
反対側に抜けました。
こちらにも名前を示すプレート等はない。




shimonita_07.jpg
もう一度トンネルを外から拝見…
気が付かなかったが、落書きを消した痕がありました。
スポットとして訪れたのか、ただの通りすがりの凶行か?




shimonita_08.jpg
最後にもう一枚。水がしみ出しています。




shimonita_09.jpg
トンネルから続く道。
果してここが噂の旧下仁田トンネルなのか?

証拠を示すモノが一切ない以上確証はないのですが、
場所、雰囲気からすると…
プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。