スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑中お見舞い申し上げます

20150722.jpg
スポンサーサイト

賽の河原(後編)

新潟県佐渡島

【探索日】2006年9月

幼くして亡くなった子供達の魂は、三途の川の畔にある賽の河原に
やってくる。親より先に死に孝行も出来ず悲しませる事は、
仏教上では大きな罪であるため、三途の川を渡らせてもらえない。
そして子供達はここで一生懸命石を天に届けと積み上げる。

やっと石を積み上げた途端、恐ろしい形相の鬼がやって来て、
その石積みを崩す。子供達は泣きながら親の名を呼びつつ、
再び石を積み上げ始める…永遠と繰り返される哀しい作業。


sainokawara_13.jpg
海を向く石柱の責任の重さを感じます。





sainokawara_14.jpg
小さな地蔵が手を合わせて祈りを捧げている。





sainokawara_15.jpg
来る日も来る日も何年も祈っています。





sainokawara_16.jpg
洞窟の両脇に鎮座する地蔵群。





sainokawara_17.jpg
不動明王が奉納されています。





sainokawara_18.jpg
岩の陰にも小さな地蔵の集団。





sainokawara_19.jpg
幼子を亡くした親がここを訪れ、子供の魂を想い
石を積んで魂を慰めていくそうです。





sainokawara_20.jpg
洞窟の外に出ました。いたる所に石が積まれています。





sainokawara_21.jpg
子供の魂が救われる日が来るのでしょうか…





sainokawara_22.jpg
壊れてもなお回り続けるかざ車。





sainokawara_23.jpg
そっとこの地を後にします。





sainokawara_24.jpg
二ツ亀は静かに我々を見送ってくれました。

賽の河原(前編)

新潟県佐渡島

【探索日】2006年9月

幼くして亡くなった子供達の魂は、三途の川の畔にある賽の河原に
やってくる。親より先に死に孝行も出来ず悲しませる事は、
仏教上では大きな罪であるため、三途の川を渡らせてもらえない。
そして子供達はここで一生懸命石を天に届けと積み上げる。

やっと石を積み上げた途端、恐ろしい形相の鬼がやって来て、
その石積みを崩す。子供達は泣きながら親の名を呼びつつ、
再び石を積み上げ始める…永遠と繰り返される哀しい作業。



sainokawara_01.jpg
2匹の亀が並んでいるように見える事から名前が付いた
「二ツ亀」の海岸まで岸壁の階段を果てしなく下って行きます。





sainokawara_02.jpg
透明度が高い海を眺めながら海岸沿いの道を歩きます。





sainokawara_03.jpg
岩の間に小さな仏さま。





sainokawara_04.jpg
名勝を示すプレート。





sainokawara_05.jpg
遥か先の岩に洞窟が見えて来ました。





sainokawara_06.jpg
かざ車が風に吹かれて回ってます。





sainokawara_07.jpg
小さな御地蔵様も数が増えました。





sainokawara_08.jpg
奥には御地蔵様が大勢いらっしゃいます。





sainokawara_09.jpg
賽の河原霊場の石柱。





sainokawara_10.jpg
とても神聖な場所…静寂で胸が締めつけられます。





sainokawara_11.jpg
地蔵菩薩様の姿に心が救われました。





sainokawara_12.jpg
供えられた色鮮やかなかざ車。

【後編へ続く】

森の学び舎(後編)

静岡県某所

【探索日】2006年7月

BUNKOU1_25.jpg
校舎のウラに職員用の住居が残されていました。





BUNKOU1_26.jpg
酒・新婚・2級・1リットル×12入…疲れを癒す夜の楽しみ;





BUNKOU1_27.jpg
教室で使われていた椅子がここに片付けられていました。





BUNKOU1_28.jpg
そこかしこが崩壊した年期の入った部屋です。





BUNKOU1_29.jpg
掘りコタツと観音開きのテレビ!!





BUNKOU1_30.jpg
道具はそのままなんですね・・・





BUNKOU1_31.jpg
草を掻き分けながら歩く校庭には苔むした滑り台とブランコ。





BUNKOU1_32.jpg
子供時代、頂上に登ると校庭を征服した気分になったものです。





BUNKOU1_33.jpg
で、よく突き落とされたりした苦い思い出も・・・





BUNKOU1_34.jpg
ブランコの鎖には新緑が巻き付く。





BUNKOU1_35.jpg
門柱には使われなくなった国旗掲揚用のボルト。





BUNKOU1_36.jpg
屋根に刻まれた学校の校章を見つつ静かに撤収です。
山奥の学び舎は、人は去っても子供達の歓声が今なお
こだましているような感覚と、懐かしさが溢れる場所でした。
プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。