スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧八百津発電所[前編]

岐阜県八百津

【探索日】2008年12月

明治44年(1911年)に木曽川水系で初の本格的な発電所として建設されました。
明治・大正・昭和の3代にかけて産業の近代化への道のりを支えてきました。
昭和49年(1974年)新しい丸山発電所の完成により閉鎖となり63年間に渡る
発電の歴史に終止符を打ちました。
平成10年(1998年)5月1日、日本の水力発電の歴史を物語る貴重な資源として
国の重要文化財に指定され、資料館として新しくスタートしました。



Yaodu_01.jpg
駐車場に車を止め紅葉が美しい小道を歩きます。





Yaodu_02.jpg
木曽川の水面に映るモダンな旧八百津発電所。





Yaodu_03.jpg
白いヨーロッパ風建物が青空に映えます。





Yaodu_04.jpg
当時のまま残る送電線や変圧器、とても大きな尖った碍子。





Yaodu_05.jpg
旧八百津発電所は資料館として生まれ変わり、
1階の送電棟の母線室が情報コーナー(町民ギャラリー)になり
八百津町の文化や歴史を見ながら憩える場所となっています。





Yaodu_06.jpg
発電棟の天井の高さは12mととても広い空間。
放熱性を考慮した構造だそうです。。





Yaodu_07.jpg
大きな水車に発電機を直結した発電装置が3組設置されています。
水車は当初、米国モルガン・スミス社製でしたが、破裂事故を起したため、
大正12年(1923年)電業社製横軸短輪複流式渦巻型フランシス水車に
取り替えられました。発電機は米国ゼネラル・エレクトリック社製
(最大出力7,500KW)で水車の取替同時期に芝浦製作所がコイルを巻き替え、
最大出力が9,600KWに引き上げられました。





Yaodu_08.jpg
当時のまま展示保管されています。





Yaodu_09.jpg
どこかで見た白い装置・・・





Yaodu_10.jpg
使い込まれた感があるハンドル。





Yaodu_11.jpg
アーチ型の窓から差し込む光がとても優しい。。





Yaodu_12.jpg
2階に展示されていた建築途中の発電所の写真。
配電室だった2階には考古学資料や民具など
歴史資料が展示されています。





Yaodu_13.jpg
2階からは発電室全てが見渡さるようになっています。





Yaodu_14.jpg
当時の発電室の写真も置かれていました。





Yaodu_15.jpg
表に出て建物を見上げると、空に吸い込まれそうな感覚になります。

[後編へ続く]
スポンサーサイト

浜辺の廃民宿[後編]

静岡県西部地区

【探索日】2006年7月

shirahama_01.jpg
海水浴客で賑わう浜辺の一角に
忘れられたかのように佇む廃民宿。


shirahama_13.jpg
食欲がなくなったので大広間を後にします。





shirahama_14.jpg
宿の人を呼ぼうにも電話線は切れています。





shirahama_15.jpg
宴会場がありました。





shirahama_16.jpg
一曲歌おうにも電気がきていません。
窓の外ではギャラリーが通行して行きます。





shirahama_17.jpg
地元の史跡・伝説を描いたレリーフ。





shirahama_18.jpg
メロンや子生まれ石も登場していました。





shirahama_19.jpg
明かりが灯る事のない電燈が物悲しい。





shirahama_20.jpg
トイレから出て飲み直し。





shirahama_21.jpg
ビールは飲み干されていました。





shirahama_22.jpg
ガスコンロも錆び付き、これでは調理も無理でしょう。





shirahama_23.jpg
宿泊するための2階も屋根が崩壊しているので
ゆっくり休む事が出来ない…帰りましょう。





shirahama_24.jpg
無事脱出しました。
残留物が豊富な廃民宿でした。

浜辺の廃民宿[前編]

静岡県西部地区

【探索日】2006年7月

海水浴客で賑わう浜辺の一角に
忘れられたかのように佇む廃民宿。


shirahama_01.jpg
廃民宿の周りには廃車が放置されている。
まるで侵入者を拒む砦のように…





shirahama_02.jpg
風呂場より侵入。天井が剥がれ落ち散乱。
ゆっくり湯舟につかっている余裕はなさそう。





shirahama_03.jpg
大きな蜘蛛も覗いていたので上がります。





shirahama_04.jpg
脱衣所も静寂に包まれています。





shirahama_05.jpg
厨房に移ります。散乱しまくっていて
夕飯の準備もままなりません。





shirahama_06.jpg
錆まくり…衛生うんぬんの問題ではなさそう。





shirahama_07.jpg
得体の知れないモノが垂れています。





shirahama_08.jpg
食事処へ向かいます。湿気とホコリ、巨大な蚊の巣窟。





shirahama_09.jpg
個室の座敷きに座っても注文は来そうにありません。





shirahama_10.jpg
ホコリが積もるテーブル。





shirahama_11.jpg
大広間に席を移します。





shirahama_12.jpg
広間の片隅には布団がひかれていました。
誰かが生活していたのでしょう。
小動物の腐りきった死体付きです。

[後編へ続く]

ホテルブ○ー[後編]

三重県某温泉地

【探索日】2005年1月

blue_01.jpg
温泉地にひっそりと佇む廃ホテル。
噂も色々あるみたいですが、
あえて廃墟物件として探索に挑みます。


blue_14.jpg
真っ暗な廊下には戸板など足の踏み場が
ないくらい散らばっています。





blue_15.jpg
四階へ移動してきました。





blue_16.jpg
違う部屋も見てみます。
年代物のテレビが無惨に転がっていました。





blue_17.jpg
こちらの部屋は畳が裏返されている。





blue_18.jpg
先程上がってきた階段。





blue_19.jpg
ドアがあったので外に出てみます。
建物は山の斜面を利用した構造だったのですね。





blue_20.jpg
廊下の突き当たりにある鉄の階段を上がると、
倉庫のような場所に出ました。





blue_21.jpg
通路を進むとボイラー室もあります。





blue_22.jpg
謎の離れ…当時は渡り廊下などがあったと思われますが、
今は行く手段がなさそうです。





blue_23.jpg
これ以上進めないので本館に戻ります。





blue_24.jpg
この部屋だけが寒気がして入れなかった…
嫌な予感のする所には行かないのが鉄則!





blue_25.jpg
破られたドアから外に出てみると、
屋根付きの石段の上に居ました。





blue_26.jpg
最後に廊下で見掛けたタイル画のビーナス♪

この物件は非常に好みです!
何と言っても手頃な大きさが一番。。
しかしここは崩壊が進み立入禁止となっている。
次回訪れる時までもっているのでしょうか…
プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。