スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃 寺

愛知県某所
【探索日】2004年12月

合同探索:血飲み茶屋 咲羅様・O助手様

※取り壊されました。

落雷により出火し、そのまま廃墟となったお寺です。

tera_01.jpg
住宅地の一角に廃寺は残されています。
駐車場に車を止め寺に向かいます。


tera_02.jpg
寺の玄関です。
扉は開け放たれていました。


tera_03.jpg
こちらが出火元と思われます。


tera_04.jpg
中を見てみましょう。
屋根が焼け落ちています。


tera_05.jpg
玄関を一歩入ると、空気が違います。
あまり見ない純和風の造りなので感動。


tera_06.jpg
壁に掛けられていたカレンダーは
1988年3月になっていました。


tera_07.jpg
本堂へ向かおうにも床が歪んでいるため
こちらからの侵入は断念。


tera_08.jpg
玄関からまっすぐ奥へ進みます。


tera_09.jpg
生活用品がそのまま残されていました。


tera_10.jpg
一番奥の部屋。カマドとお釜があります。


tera_11.jpg
壁には火防の神のお札が…


tera_12.jpg
では、足元に注意して本堂へ向かいます。


tera_13.jpg
障子の奥の部屋は屋根が崩落。


tera_14.jpg
手前には年代物で高価そうな箪笥。


tera_15.jpg
壁側には仏像や仏具などがそのままです。


tera_16.jpg
祭壇には御本尊様まで残されていました。
この場所…他と違い緊張します。よく判らないのですが…
体が本能的にマズイと警告しています。


tera_17.jpg
撮影を終えてすぐに戻ります。
壁に張られた顔のシールにちょっとびびる;


tera_18.jpg
スポーツ新聞が置かれています。日付けは昭和63年(1988年)2月8日(月)

ここはなぜか仏様が放置されている場所…
純和風の造りに見とれて警戒を緩めると、とんでもない事になります。

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。