スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅間神社(三社編)

愛知県豊橋市
【探索日】2003年11月

750年(奈良時代中期)駿河富士浅間神社より
勧誘されたと伝えられる。
大山(頭浅間)・原川社(腹浅間)・富士社(足浅間)の
三社三神よりなっていた。
明治維新の際に、一旦廃却を命じられたが、1869年(明治2年)
十月二日据置の許可を得て、1908年(明治41年)大山
浅間神社祭神・大山祗命を原川社に合祀して、
二社三神を浅間様と呼び、身体の守り神として崇められている。


sengen_01.jpg
前回のリベンジ…
天気が良く、ハイキングをしている人達もいたので
石段を登ってみる事に。


sengen_02.jpg
道路から3分と書いてあったが…先が見えない(汗)
石段脇ののぼりが数本、風もないのにはためいている。


sengen_03.jpg
足浅間に到着です(滝汗;)
【富士社(足浅間)】
祭 神:秋津姫命(あきつひめのみこと)
御利益:足の病に霊験あらたかとされる。
脚半等が願かけのお礼として神前の大榊に
つるす習慣がある。
祭日:毎年七月・最後の日曜日


sengen_04.jpg
手洗い場です…水が…黒いのよ…


sengen_05.jpg
奥に井戸らしきモノがありました。


sengen_06.jpg
覗いてみましょう…澱んでいました…


sengen_07.jpg
足浅間を後にして腹浅間に向かいます。
ここから3分。


sengen_08.jpg
約3分後、腹浅間に到着。


sengen_09.jpg
【原川社(腹浅間)】
祭 神:木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
御利益:腹・心の病に霊験あらたかとされ、
家内安全・安産・交通安全にも御利益があるとされている。
願かけのお礼として腹掛けを神前の大榊につるす習慣がある。


sengen_10.jpg
ご挨拶を済ませ、いよいよ頭浅間へ…


sengen_11.jpg
山道が続く…本当にこの道で合ってるの?と
不安にもなってきます。


sengen_12.jpg
やっと案内看板がありました。
距離は書いてないがこの道で合っていた。
ただし、気を抜くと崖下へ落ちます。


sengen_13.jpg
アップダウンが激しい…今度は登り坂。
ここで何者かに襲われても手出しできません…


sengen_14.jpg
細い切り通しの様な階段をはうように登り
やっと鳥居が見えて来ました…


sengen_15.jpg
木の鳥居をくぐり、念願の頭浅間へ


sengen_16.jpg
【大山社(頭浅間)】
祭 神:大山祗命(おおやまずみのみこと)
御利益:頭の病に霊験あらたかとされている。
大黒頭巾が願かけのお礼として神前の大榊につるす習慣がある。
絵馬等を奉納して学業成就を祈願する人も多い。


sengen_17.jpg
社の中をちょっと拝見させて頂きました。


sengen_18.jpg
社の横にあるトイレ…(汗)
夜中には訪れたくない場所。


sengen_19.jpg
最後に本坂峠よりの景色。
ここで頭浅間にお別れしました。


sengen_20.jpg
腹浅間を経由し足浅間へ戻り注意深く石段を降り、
無事に車に辿り着きました。。
今回は特に遭遇はなかったです…

この場所は神聖な場所ですので、
参拝以外は訪れない方が賢明です。

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。