スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内海トンネル

愛知県知多半島
【探索日】2008年5月

山奥にある用途不明な未完成トンネルです。


UTSUMI_01.jpg
久し振りに訪れてみました・・・が、金網が張られている!!
確かに普通のトンネルより地盤が脆くて危ないし当然の処置かな;


UTSUMI_02.jpg
駄目元で反対口を覗いてみる事にします。
こちらには金網が張られていませんでしたので早速中へ!



UTSUMI_03.jpg
天井のどこからか光が差し込んできています。



UTSUMI_04.jpg
崩れた土砂を登って下るとすぐに到着。



UTSUMI_05.jpg
金網を背にしてトンネル内を撮影。
脆い地肌はいつ崩れるか戦々恐々;



UTSUMI_06.jpg
他の天井からも光が入ってきてました。
しばらく後には天井ごとごっそり落ちるのでは?



UTSUMI_07.jpg
こんな場所で埋まったら・・・と思うと
早足でトンネルの外へ脱出。



UTSUMI_08.jpg
木々の間に立て看板がひっそりと注意喚起してました。

この記事へのコメント

工事途中のトンネルではなく、歩道だったようです。 - みゅう - 2015年12月30日 21:44:17

この記事をみて、訪問しました。トンネルの金網の前に、平成27年10月付けの看板が立っていました。「1928年 昭和3年 内海かじや荘の先々代 林喜助氏が私費にて海岸へ下る歩道として建造」とありました。歩道として使われていた物が、崩落して、現在のようになったようです。トンネルからさらに、細い道を進むと、同じ形式で書かれた27年10月付けの「今場坂 東木庭切割り この切割りは昭和35年頃まで砂山があり吹越村より今場坂に通じていた古道の跡」という看板もありました。

- 屋敷@管理人 - 2015年12月31日 04:20:52

みゅうさん
説明看板が設置されたのですか。
私費であの地盤に穴を開けるとは;
情報ありがとうございました。

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。