スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森の中の旧家(魔の森)

愛知県某所
【探索日】2005年4月

住宅地に残された森の中にひっそりと佇む旧家。


manomori_01.jpg
薮をかきわけ進むと木造の旧家が朽ちていました。




manomori_02.jpg
手前の壁が崩れ落ちていて屋内が丸見え。




manomori_03.jpg
森はすべてこの家の庭…広大です。




manomori_04.jpg
その庭には灯篭が数個。




manomori_05.jpg
大きな鉢もいくつも転がっています。




manomori_06.jpg
これは?




manomori_07.jpg
建物全体は大き過ぎて写真に入りきらない。
諦めて屋内を拝見する事にします。




manomori_08.jpg
いつ頭上から破片が落ちて来てもおかしくない状態。




manomori_09.jpg
崩れ落ちた床の上には升が転がる。




manomori_10.jpg
風雨で部屋の中は全てが朽ちています。




manomori_11.jpg
障子に何か書かれています。




manomori_12.jpg
お経のような…大昔の借用書のような…




manomori_13.jpg
奥の廊下は通行不可能です。




manomori_14.jpg
居間からあがらせていただきます。




manomori_15.jpg
部屋の中心にはちゃぶ台。家族団欒の象徴ですね。




manomori_16.jpg
奥の間にはベビーベッドが。




manomori_17.jpg
自然になのか荒らされたのか判断できない散乱の模様。




manomori_18.jpg
箪笥は物色された痕。かなり高級な桐箪笥だったと思われます。




manomori_19.jpg
書類などが散らかされています。




manomori_20.jpg
こちらの廊下はなんとか歩ける状態が保たれています。




manomori_21.jpg
先程のベビーベッドを破れた障子越しに…




manomori_22.jpg
ついでちゃぶ台も。




manomori_23.jpg
廊下を進んで行きますが足下が危険と判断して折り返します。




manomori_24.jpg
葬儀の記帳書類でしょうか。




manomori_25.jpg
光が差し込む部屋。雨戸が外れていなければ漆黒の闇。




manomori_26.jpg
荒れていて家族の空間が跡形もありません。




manomori_27.jpg
こちらが玄関のようです。時代劇のセットでしか見た事がない。




manomori_28.jpg
火鉢が鎮座して家の行く末を見守っているかの様です。




manomori_29.jpg
お茶碗もそのままに…家の住人は今何処に。




manomori_30.jpg
日記帳なのだろうか?




manomori_31.jpg
さらに奥へ向かいます。




manomori_32.jpg
ガスコンロや冷蔵庫も落ち葉に埋もれかけてる。




manomori_33.jpg
台所に井戸があります。




manomori_34.jpg
中を覗くと…お約束の黒い水;




manomori_35.jpg
レンガ造りのカマドまで。




manomori_36.jpg
建築時の煮炊きはこちらだったのでしょう。




manomori_37.jpg
台所の奥にはお釜や笊、蓑が残されています。




manomori_38.jpg
小部屋を見ると…これぞ厠の王道!




manomori_39.jpg
表に出ました。脚立が柱に寄り掛かり眠りについています。




manomori_40.jpg
先程の玄関を表から見ると、年代物の自転車まで横たわっていました。




manomori_41.jpg
外にも井戸がありました。




manomori_42.jpg
中はやはり油っぽい黒い水…夏場には蚊の大量発生の温床のようです。




manomori_43.jpg
崩れゆく母屋にお別れです。




manomori_44.jpg
庭にまだ井戸が…この家には一体幾つ井戸があるのか。




manomori_45.jpg
墓標のような標識のような石柱。




manomori_46.jpg
武家屋敷に見られる門の様な造り。




manomori_47.jpg
物置きと化した室内にはかなり昔の写真が…




manomori_48.jpg
開け放たれた門を最後に森の中の旧家を後にします。
かなりの豪農だったのでしょう。少ししか見学出来ませんでしたが、
昔の生活を垣間見れた貴重な物件でした。

この記事へのコメント

痛くなった - itoh - 2012年12月20日 02:10:52

森の中の旧家の画像みていたら、頭が痛くなったのと気持ちが悪くなりました。(ーー;)
気のせいですかね?f^_^;

- サカヱ - 2012年12月20日 09:03:33

itohさんへ
気のせいです(⌒▽⌒)V

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。