スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13・14号トンネル

岐阜県中央本線旧線(高蔵寺〜多治見)
【探索日】2002年3月

同行者:じゃんたいら様

難工事の為、建設中事故死された方が多かった場所だそうです。
一昔前、世間を騒がせた「口裂け女」その噂の発祥地が
このトンネルと言われています。病院から逃げ出した患者が
トンネルに住み、通りがかりの子供に話し掛けたのが最初とか…


1314tonneru_01.jpg
14号トンネルの入口。レンガ造りが時代を物語っています。
…入口手前に洗濯物。住んでいる方がいらっしゃるようです。



1314tonneru_02.jpg
ちょうど留守でしたので勝手に先へ進みます。
道は半分整地されていて、歩きやすいです。



1314tonneru_03.jpg
トンネル上部。ところどころレンガが剥がれ落ちています。
黒っぽい所は蒸気機関車の煙りの跡です。



1314tonneru_04.jpg
やっと出口。途中でカーブしているため、
明かりが入らず中は真っ暗でした。



1314tonneru_05.jpg
14号トンネル出口を撮影。いい造りをしてます。
距離を計っていなかったのですが、多分1km弱かと…



1314tonneru_06.jpg
何故かアスファルトで鋪装された線路跡。
遊歩道になっているのでしょうか?



1314tonneru_07.jpg
15分〜20分位歩いて行くと、13号トンネルの入口が見えてきます。



1314tonneru_08.jpg
こちらの中も、半分整地されていて歩きやすい…
しかし石がゴロゴロしていて、油断するとコケます。
壁面から流れ落ちる水の音がトンネル内に反響。



1314tonneru_09.jpg
暗闇に何かが見えてきました。



1314tonneru_10.jpg
行き止まり…ブロックで完全に封鎖されています。



1314tonneru_11.jpg
小さな入口の中には階段があり上にはマンホール。
“切り込み隊長”じゃんたいら様に昇っていただきましたが、
残念ながらマンホールは動かなかったそうです。



1314tonneru_12.jpg
帰りに満開の桜を撮ってみました。
隧道とは違った雰囲気を持つ廃線の旅。
次回は1号〜12号を旅してみたいものです♪

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。