スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化石の地下壕

岐阜県瑞浪市
【探索日】2003年7月
数年前に訪れた時のお話…
まったく霊を信じない同僚と、この中に入ろうとしたら、
異様な空気に二人して入口の前で硬直。。看板を見たら…

〜化石の地下壕〜
この地下壕は、第ニ次世界大戦末期(1944年〜1945年)に、
航空機製造の疎開工場を建設するために掘られたものの一部です。
地下壕の建設に携わったのは、強制連行された朝鮮人と中国人で、
重労働と栄養失調などによる死傷者も多数でました。
…以下略


kaseki_gou01.jpg
某施設の中に展示されている地下壕。
一般公開されていて、照明もあるのですが…




kaseki_gou02.jpg
壕に一歩入ると、ひんやりとした空気と
壁からしみ出す水音が反響しています。




kaseki_gou03.jpg
壁のあちらこちらには、手掘り独特のでこぼこと、
化石がそこかしこに見れます。




kaseki_gou04.jpg
まだまだ先が見えないです。




kaseki_gou05.jpg
天井にみられる化石の一覧です。




kaseki_gou06.jpg
マニアには涎垂ものの化石が沢山…
保護されているので見学だけにして下さい。




kaseki_gou07.jpg
いよいよ行き止まり。普通に寒いです…




kaseki_gou08.jpg
ここで終わりです。振り向いて出口に向かいます。




kaseki_gou09.jpg
やっと出口が見えてきました。ちょっと安心…
今回は夕方3時の突入でほぼ無事でした。
前回、暗くなってから硬直したので5時以降の見学は?
※時間により閉鎖されていると思います。




kaseki_gou10.jpg
さぁ〜出ましょう!




kaseki_gou11.jpg
ひと息付くために駐車場に戻ると、向いの山に同じ様な門構えが。
どうやら別の入口のようです。こちらは閉鎖されています。




kaseki_gou12.jpg
近付いて観察すると、鉄の扉は錆びています。
穴の明いている所からは冷たい空気が(滝汗)
ここは諦めましょう…

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。