スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小滝鉄索隧道

栃木県足尾町
【探索日】2003年12月

案内人:「異界への招待状」やっくん様

〜やっくん様提供資料より抜粋〜
明治35年(1902年)に小滝選鉱場と銀山平との間に架設した
第10鉄索の一部である。第10鉄索は、昭和29年(1954年)の
小滝坑廃坑後には撤収され、隧道だけが残された。

旧小滝火薬庫跡の観察を終了し、車に戻ると遠くの方から、
やっくん様が…まるで羽がはえたように小躍りして走って来られました(笑)
山から降りて来られた猟友会の方から、この上に隧道があり中には
お地蔵様が祀られていると…
早速準備をして山の上に微かに見える隧道を目指す事に…
この後、恐怖が訪れるとは知らずに;


tetusaku01.jpg
急な斜面を休み休み登り、やっと隧道口に到着。
雰囲気は坑道なんですが…嫌な感じがしてきます。




tetusaku02.jpg
こちらが登ってきた斜面…未公開の隧道を見て
みたいという執念だけで登りきりました(滝汗)




tetusaku03.jpg
隧道口の前でしばらく感動に浸りながら休憩。
すぐ手前にお地蔵様の様なモノがありますが…




tetusaku04.jpg
撮影しながら隧道の中へゆっくりと進み始めます。
約90mの上り勾配の隧道で、壁は削られたままの状態です。
ここでやっくん様が立ち止って一言「あっっ!ダメだ…居る」
背筋がゾッとなる言葉でした…猟友会の人も気持ちが悪くて
中には入れないと、、確か言葉の最後に言っていた様な;




tetusaku05.jpg
なぜか私は壁に垂れ下がる氷柱を写しています。




tetusaku06.jpg
こちらがお地蔵様に見えたモノの正体。支柱の台座でした。
資料では約2尺角のコンクリート製で、真中に支柱を据える
ためのくぼみがありとあります。木のクイも残されていました。




tetusaku07.jpg
ゆっくりと前方の相手の様子を伺いながら進みます。
登り勾配の為、前方と下を交互に見ながら…
前方を向いたやっくん様からさらに一言「あっ…
目があっちゃった…」膝に手を置き前屈みの状態で
首だけこちらを向いているとの事…さらに…
「…二人も居る…進む?」私は声もでません。
並んで歩く位置を微妙に変えて先に進みます。
二人は出口付近に待ち構えているとか…




tetusaku08.jpg
ナイトショットで撮った写真…プロが見るとフレアだそうですが、
素人の私が見ると…ヘルメットかぶった作業員の頭;




tetusaku09.jpg
いよいよ出口です。まだ二人は座っているが、
敵意は感じられないとの事だったので進みます。
息は上がっていますが、逃げれるだけの体力は残しています。




tetusaku10.jpg
それでも隧道内の様子を撮っておかないと…
荒々しい壁を写します。…頭の中ではちょっと
お邪魔しますね、、としか考えていません。。




tetusaku11.jpg
すぐ目前まで歩いてきました。
前方の斜面になっている所で我々に視線を送っている二人。
私には見えませんが、空気がだんだんと変ってくのは感じます。




tetusaku12.jpg
霊感がない私には、なにも写りませんね…




tetusaku13.jpg
出口に近付くとクイが風化しています。




tetusaku14.jpg
右を見ないように斜面を足早に登ります。




tetusaku15.jpg
出口に到着。後ろを振り向き先程通った場所を撮影。




tetusaku16.jpg
さらに正面にはもう一つの隧道が口を開いています。
約50mの平坦な第ニ隧道だそうです。





tetusaku17.jpg
足元と隧道の間には雪が積り、かなり危険な
状態ですが、無理をすれば渡れそう…
雪には鹿と思われる足跡も点々と残されています。





tetusaku18.jpg
二人で渡る場所はないかと探していると、
「左の斜面は絶対に見ないで…もう一人居る…」
やっくん様の重い言葉…その前に写してしまいました;




tetusaku19.jpg
無理に渡れば何が起るかわからない状態なので、
潔く第一隧道を引き返します。




tetusaku20.jpg
後ろ振り向いて撮りましたが…空気が変りました。
無言でやっくん様は、私の後ろに回り盾になる形で
侵入口に急ぎます。この時察しました…ついてくると。




tetusaku21.jpg
急ぐ先々で後ろを振り向きシャッターを押しましたが、
事態は緊迫していました…
到着した頃には嫌な空気が全身をつつみます。




tetusaku22.jpg
隧道を出てもう一度奥を撮影して
転がるように山を降りました。

後でお聞きした話ですが、後ろに回ったやっくん様に
着いてきた一人の霊が入り込んでしまったそうです。
車に乗り込む時に変な咳をされていましたので、
もしやと思っていましたが…ちなみに、入り込んだ
霊は肺を患い亡くなった鉱山労働者だったとか。
病院に連れて行け!としきりに訴えていたそうです。

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。