スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇津乃火薬庫跡(前編)

栃木県足尾町
【探索日】2003年12月

案内人:「異界への招待状」やっくん様

足尾銅山の掘削に必要なダイナマイトを貯蔵した建物。
火薬庫が造られたのは明治42年頃。当時使われた
ダイナマイトの大きさは、直径32mm、長さ200mm、
重さ250g。多い時では年間130tが掘削のために使用
されたそうだが、小滝坑が閉坑になった昭和29年に閉鎖された。




KAYAKUKO01.jpg
鉄索隧道の探索を終えて、本山へ向かう途中に案内された火薬庫跡。
写真を拝見して是非訪れたかった場所です。
車を停めて山道を歩き出すと門が見えて来ます。




KAYAKUKO02.jpg
見張り所跡です。当時はここで火薬の出し入れを
厳重に見張っていたようです。




KAYAKUKO03.jpg
門を越えておじゃまします。
今は誰もいらっしゃらないようです。




KAYAKUKO04.jpg
勾配がきつい砂利道を、ひたすらジグザグに登って行きます。




KAYAKUKO05.jpg
途中の広場。ここにも建物があったのでしょう。
今は雪が積もって何も見えない真っ白な雪景色。




KAYAKUKO06.jpg
山の中腹に煉瓦造りの塀が見えて来ました。
ダイナマイトの点火に欠かせない雷管倉庫です。




KAYAKUKO07.jpg
塀の上には日本猿の群れがこちらを警戒しています。




KAYAKUKO08.jpg
入口に到着しました。煉瓦が分厚く積まれています。
厚さは1mあると思われます。




KAYAKUKO09.jpg
塀の中の建物は…長い年月のため崩壊していました。




KAYAKUKO01_01.jpg
山道をさらに進むと地面に穴が掘られ、
その中に石造りの倉庫が残されています。




KAYAKUKO01_02.jpg
木造であったであろう屋根は抜け落ちて
石造りの部分だけが残されていました。




KAYAKUKO01_03.jpg
一番目の倉庫の入口内扉です。




KAYAKUKO01_04.jpg
順番を変えまして一番倉庫から見て行きます。
外扉はコンクリート製で頑丈です。




KAYAKUKO01_05.jpg
トンネルを抜けて内扉から一番倉庫の前に出ました。




KAYAKUKO01_06.jpg
入口から中を覗いてみます。




KAYAKUKO01_07.jpg
割りと荒削りですが…こんな造り良いですね。




KAYAKUKO01_08.jpg
トンネルを戻ります。枯れ葉の絨毯になってます。




KAYAKUKO01_09.jpg
火薬庫前の100mも続く道路。




KAYAKUKO02_01.jpg
一番倉庫の横に移動すると、ニ番目の倉庫があります。
こちらは倍以上の大きさです。




KAYAKUKO02_02.jpg
それでは二番倉庫に入ってみましょう。
トンネルには枯れ葉の絨毯がひかれていますが、
水抜き用の溝が隠されています。




KAYAKUKO02_03.jpg
石積みと鉄筋コンクリート製の天井。




KAYAKUKO02_04.jpg
二番倉庫到着。御影石造りで外見はとても美しいです。




KAYAKUKO02_05.jpg
中の様子…木が生えていてクリスマスツリーのようにも…




KAYAKUKO02_06.jpg
壁越しに山々が見えます。周りでは猿の集団が
威嚇のためか吠えまくっています。




KAYAKUKO02_07.jpg
反対側の様子。普通に林になってます。




KAYAKUKO02_08.jpg
窓の鉄格子と木枠は残されていました。




KAYAKUKO02_09.jpg
トンネルを抜けて外扉から…
美しい小滝の山が目の当たりに。。


【後編に続く】

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。