スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇津乃火薬庫跡(後編)

栃木県足尾町
【探索日】2003年12月

案内人:「異界への招待状」やっくん様

足尾銅山の掘削に必要なダイナマイトを貯蔵した建物。
火薬庫が造られたのは明治42年頃。当時使われた
ダイナマイトの大きさは、直径32mm、長さ200mm、
重さ250g。多い時では年間130tが掘削のために使用
されたそうだが、小滝坑が閉坑になった昭和29年に閉鎖された。



KAYAKUKO03_01.jpg
三番目の倉庫に移動します。
こちらはかろうじて屋根が残されています。




KAYAKUKO03_02.jpg
雪の重みで倒壊したのでしょう…




KAYAKUKO03_03.jpg
それでは入口から失礼いたします。




KAYAKUKO03_04.jpg
トンネルの水抜き用の溝です。




KAYAKUKO03_05.jpg
こちらの天井はコンクリートが剥がれて
鉄筋がむき出しになっていました。




KAYAKUKO03_06.jpg
三番倉庫到着です。足元には屋根の残骸などが
散乱していて歩きつらい状態です。




KAYAKUKO03_07.jpg
屋根から植物に侵食されています。




KAYAKUKO03_08.jpg
部屋の奥には、凍結防止用の
スチーム暖房が残されていました。




KAYAKUKO03_09.jpg
配管をたどって縁の下を覗き込んだところです。




KAYAKUKO03_10.jpg
トンネルを抜けて、最後の倉庫に向かいます。




KAYAKUKO04_01.jpg
最後の四番倉庫です。
こちらは煉瓦造りでモダンです。




KAYAKUKO04_02.jpg
屋根はありませんがとても好きな建物です。




KAYAKUKO04_03.jpg
では最後のトンネルに突入!




KAYAKUKO04_04.jpg
差し込む光と枯れ葉のコントラストがとても美しい。




KAYAKUKO04_05.jpg
入口部分には二重扉が残っています。




KAYAKUKO04_06.jpg
頑丈な鉄格子。




KAYAKUKO04_07.jpg
中の様子ですが…屋根の残骸と雪が積もっていました。




KAYAKUKO04_08.jpg
反対側は、煉瓦が苔むしています。




KAYAKUKO04_09.jpg
縁の下の様子。




KAYAKUKO04_10.jpg
最後に煉瓦壁にお別れを言って火薬庫を後にしました。

今回は雪の積もる真冬に訪れましたが、
この場所は、春は新緑、秋は紅葉と見事な美しさだそうです。
またその季節に絶対訪れたいと思いました。

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。