スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回向院

レポ提供:ヴラド魔王様

東京都荒川区

ekouin01.jpg
回向院は三ノ輪橋駅から国道4号線昭和通りを渡り
JR常磐線とJR貨物線の線路の下を潜り、
線路沿いを歩くこと10分程で到着します。
日本風の寺院建物では無く、現代風の鉄筋コンクリートの
建物で南千住駅前に在ります。此処には写ってませんが
上には黄金色に輝く徳川家の大きな家紋が在り目立ちます。




ekouin02.jpg
入口に設置されてます。
〜回向院〜
回向院は寛文七年(1667年)本所回向院の住職弟誉義観が
行路病死者や刑死者の供養のために開いた寺で、当時は
常行堂と称していた。安政の大獄により刑死した
橋本左内・吉田松陰・頼三樹三郎ら多くの志士たちが
葬られている。明和八年(1771年)蘭学者杉田玄白・
中川淳庵・前野良沢らが、小塚原で刑死者の解剖に
立ち会った。後に「解体新書」を翻訳し、
日本医学史上に大きな功績を残したことを記念して、
大正十一年に観臓記念碑が建立された。
荒川区教育委員会




ekouin03.jpg
回向院は浄閑寺同様境内は狭く御墓が犇いてます。
また「資料館」は「在ります」と、書いてませんので
見たい方は寺院の受付に申し出をしてください。
訪問した時は残念ながら門は開いてましたが、
受付は真暗でしたので拝見する事は出来ませんでした。

展示されているのは…
■実際に首を落とした太刀
■モノクロ写真ですが当時刑場の写真
(かなり引いてしまう程の写真;)
■発掘された頭蓋骨
■刑場に関する書物 等が在ります。
(朝日ソノラマ・闇の検証1より)
因みに小塚原刑場は2000坪。
刑場廃止迄の処刑された方は20万人も…
今でも回向院周辺の土地を掘ると、
鈴ヶ森同様に骨が出るそうです。




ekouin04.jpg
境内で見つけました‘あの方’の墓です。





ekouin05.jpg
此れはあの「鼠小僧」の墓です。何故か角が破損してます。
何故でしょうか?それは…金運やギャンブルの御守に使う為、
庶民が削ったのでした。





ekouin06.jpg
その他に…3人の方の(罪人ですが・・)
◆片岡直次郎(直侍・小悪党)
◆高橋お伝(毒婦・殺人強盗)
◆腕の喜三郎(侠客腕の・別名野出喜三郎)
景気が良かった頃は、この4つの墓は金網で覆われてました。
今では掲示板が破損、墓は触り放題です。
墓地内には管理費支払いが滞った御墓が多数見られました。
寺院からの「この御墓の持ち主の方は寺院の受付に申し出て下さい」と
プラスチック札が付いてました。やはり長く続く不況で…




ekouin07.jpg
回向院から歩き、鉄橋の直下に在りますのが延命寺です。




ekouin08.jpg
小塚原刑場跡に立ちます首切り地蔵です。
刑死者を弔う為、1741年に将軍徳川吉宗が寄進しました。
目の前の碑は元禄十一年(1698年)に寄進されたそうです。




ekouin09.jpg
首切り地蔵は高さ一丈二尺(約3.6メートル)
7個の花崗岩を組み合わせたものです。





ekouin10.jpg
〜小塚原刑場跡〜
江戸のお仕置場(刑場)は、品川の鈴ヶ森と千住の小塚原の
二つである。小塚原の刑場は、間口六十間余(約180メートル)
奥行三十間余(約54メートル)で、明治のはじめに刑場が
廃止されるまでに、磔・斬罪・獄門などの刑が執行された。
首切地蔵は、この刑死者の菩提をとむらうため寛保元年(1741年)
に造立されたものである。
荒川区教育委員会

延命寺には回向院同様「資料館」が在るのですが…
尋ねた所「今は公開してません」と回答が有りました。
立派に受付には工事で出土した頭蓋骨の新聞記事の
切抜が飾られていたのに。外には「資料館在ります。」と
紙にマジックで書かれた物が在ります。
地元の噂では…深夜になると「バサッ、バサッ」という音が
斬首台の方角から聞こえてくるそうですよ…

以上回向院・延命寺レポートでした。

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。