スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学堂(後編)

レポ提供:ヴラド魔王様

東京都中野区

〜案内看板より〜
【哲学堂】
ここは井上円了(1858年〜1919年)が、その独得な哲学思想をもとに、
全財産を投じてつくった社会教育のための公園です。
円了は、ここを“考える人・哲人”を養成する道場としてつくりました。
園内の建造物には、その目的にそった哲学的な名前がつけられて、
円了自身はここを精神修養公園と考え、哲学宗の本山・道徳山哲学寺とも
呼んだといわれています。〜中略〜哲学堂は、円了の思想的遺産であり、
彼の生きた時代の東洋と日本を物語る文化的遺産です。
昭和五十七年二月 中野区教育委員会


tetugakudou_13.jpg
広場の外れに六賢臺がありました。
三重塔見たいな塔でした。

〜案内看板より〜
【六賢臺】
ここに東洋的六賢人として、日本の聖徳太子・
菅原道真、中国の荘子・朱子、印度の龍樹・
迦毘羅を祀っている。




tetugakudou_14.jpg
広場を見下ろす様な丘に三学亭がありました。
見ましたが・・・狭すぎる建物でした。

〜案内看板より〜
【三學亭】
我国古来の神、儒、佛、三道の中、最も著述の
多い平田篤胤、林羅山、釈擬然の三碵学の
石額を奉崇してある。




tetugakudou_15.jpg
三学亭の近くには巨大な硯がありました。
硯塚。凄い大きさです。

〜案内看板より〜
【硯塚】
井上博士が全国巡遊中、求められて各地で揮毫した際に
用いた硯を供養した記念碑で、筆塚とともに貴重なもの。




tetugakudou_16.jpg
再び広場に戻りまして宇宙館です。
普通の木造の建物に見えますが…

〜案内看板より〜
【宇宙館】
哲学とは宇宙の真理を研究する学問であって、
その講和または講習を開かんがために
設けられた講義室である。

【皇國殿】
本館(宇宙館)内部に横斜して位置する特殊構造の
一室であり、国家社会の原理を講究する哲学堂として
本殿が設けられたものである。




tetugakudou_17.jpg
これが公園内最大の心霊スポットとされる幽霊梅跡です。
井上円了が住んでいた家の庭にあった梅の木です。
現在あるのは3代目の梅です。幽霊が出たらしいですねぇ…
ひょっとしたらその幽霊は妖怪門に安置されている木像が
モデルに成ってるのでは…と、想いますが…
この梅にも噂があります。
1.自分の顔が梅の枝に写っていたら10日以内に死亡する。
2.梅と一緒に同行者を写すと、被写体に向かって矢印の様な
三角形の光が写ると2日以内に足を骨折する。
等のとても恐ろしい噂があります。

〜案内看板より〜
【幽霊梅(跡)】
もと、井上博士が駒込に住んでいた頃、庭の梅の下に
幽霊が出ると騒がれたことがあり、それをここに移してあった。




tetugakudou_18.jpg
幽霊梅跡の近くにまたまた大きい石碑が在りました。
絶對城碑。何の意味が在るのでしょうか…

〜案内看板より〜
【絶對城(図書館)】
万巻の書物を読みつくすことは絶対の妙境に
到達する道程であって、哲学界の万象はこの
読書堂にありとしてこの名がある。




tetugakudou_19.jpg
広場を後にしまして森林地帯に向かいます。
その昔、この松に天狗が棲んでたらしく、
樵が切ろうとすると邪魔をしたと。また切った箇所から
血が流れたそうです。樹齢200年、高さ14メートル(八間)、
周囲2メートル(七尺五寸)もあった巨木でしたが、
昭和八年(1933年)に枯死しました。




tetugakudou_20.jpg
暫く林道を歩きますと妙正寺川が見えて来ます。
涼しい風が吹いてました。川沿いに三祖苑が在りました。
唯の人物賛美碑に見えました。

〜案内看板より〜
【三祖苑】
三祖碑には、中国の黄帝、印度の足目、ギリシャの
ターレスの三人が刻まれている。




tetugakudou_21.jpg
公園の川沿いも第二の心霊スポットです。
これは狸燈です。此処の近くであの新倉イワオさんが
不思議なクリーム状の物体に遭遇したそうです。
危害は加えませんが金縛り状態に成るそうです。

〜案内看板より〜
【狸燈(りとう)】
人間の心情は狸に類するものがあり、しかも、時には光輝ある
霊性を発することもあるとして腹中に燈籠を仕込んである。




tetugakudou_22.jpg
これは神秘洞です。昔は竹柵がありましたが…
今では破壊されて中を見られる有様です。
なんとか入れる程の大きさです。

〜案内看板より〜
【神秘洞】
進化溝の源をなし、進化の根元は究め尽せば
神秘に帰するとしてこの名がある。




tetugakudou_23.jpg
六賢臺の後には筆塚があります。
本当に大きいですねぇ。公園内にある記念碑は…

〜案内看板より〜
【筆 塚】
字をかきて、恥をかくのも今暫し
哲学堂の出来上がるまで
哲学堂は井上圓了博士が全国巡遊中求められて各所で
揮毫した際の謝礼を基金として開設されたものであるが、
その謝意を含め、かつ、その筆供養のための記念碑として
造られたのがこの筆塚である。




tetugakudou_24.jpg
哲学堂公園内を隈なくは散策はしませんでしたが、
不思議と怖さと森林浴が感じられる公園でした。
あっ!?忘れてました…夜になりますと、公園には入る事は出来ませんが
深夜、哲学堂通りの歩道を歩くと、
公園内から女性の泣き声が聞こえてくるそうです…暗闇の林から。

以上中野・哲学堂公園リポートでした。

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。