スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お菊人形

北海道空知郡栗沢町

【探索日】2003年5月

〜お菊人形の由来より〜
大正7年、札幌市に於いて開催された大正博覧会を見物に
8月15日出札(札幌へ出掛けること)狸小路の商店で、妹「菊子」に
お土産として買ってきたオカッパ頭の胸の鳴る人形であった。
「菊子」は大変喜び、毎日人形と共に楽しく遊んでいたが、
不幸にして大正8年1月24日、3才にして死亡。葬儀の際、
大切にしていた人形を棺の中に入れてやるのを忘れ、
出棺後見つけたのでお骨と一緒に仏壇に祀り、生前の「菊子」を思い出しながら
朝に夕に回向しているうちに、いつともなく髪の毛が伸び出した。
その後、樺太に移転することになり、昭和13年8月16日「菊子」及び
父親助七のお骨と人形を萬念寺に頼み出発…
終戦後、引き揚げて追善供養のため萬念寺に参詣。
納骨した時より髪の毛が伸びており本当に不思議なことと思い、
お人形を万念寺に 納め先祖代々供養をお願いした次第です。 鈴木永吉
※鈴木永吉氏入館以後「お菊人形」と号し本堂に安置す。
安置場所:慈光山 萬念寺本堂


okiku01.jpg
本堂に入り、左手奥に安置されている「お菊人形」と対面。
思わず息を飲んでしまいました。




okiku02.jpg
草毎年住職様が髪を切り揃えているそうですが、
左右の髪はまるで生きているかのように伸び不揃いです。
近年、口元も開いてきているそうで、
微笑んでいるかのように見えます。
「お菊人形」を紹介している新聞があったので読んでみると、
切った髪の毛を科学的に分析した結果、幼い子供の毛髪だったそうです。
切ってから若干伸びる事はあるそうですが、伸び続けるのは考えられないと
コメントが載っていました。やはり菊子ちゃんの霊が乗移ったのでしょうか?
参拝された方の御記帳があったので拝見すると、道内はもとより
全国各地から参拝に訪れていました。

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。