スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土倉鉱山跡(前編)

滋賀県
【探索日】2004年5月
 
滋賀県と岐阜県の県境に位置する土倉鉱山跡。
その歴史は、明治末期に鉱脈が発見され、主に銅、硫化鉄
他に金や銀、そして微量だが鉛も産出された。
埼玉の日窒鉱山で有名な日窒鉱業が運営していた。
戦時中が最盛期だったそうで1500人もの鉱山関係者が
勤めていた。さらに大陸からの強制連行者も働かされていた。
多くの労働者が事故やじん肺、自然災害で命を落とし、
さらに海外からの安い銅に押されて、昭和40年頃に閉山した。


TUCTIKURA_01.jpg
GW遠征で神殿のような美しい鉱山跡を目指し
一路滋賀県へ♪で、道を間違え、お約束の隣山頂上を
制覇!…通行止めの山道でお弁当を食べていた家族の
皆さん驚かせてゴメンナサイ(汗)一旦戻り、地元の
方に道を聞いて何とか辿り着きました。
細い山道を進むと選鉱場跡が山の斜面に残されている。




TUCTIKURA_02.jpg
選鉱場手前にある大きな土管?




TUCTIKURA_03.jpg
中を覗いてみました…
泥沼のようになっているので侵入は断念。




TUCTIKURA_04.jpg
土管の先に駅のホームのような場所。




TUCTIKURA_05.jpg
積み出し場の跡なのかな?




TUCTIKURA_06.jpg
ホームから選鉱場を見上げると、
石像のように並ぶ柱が立っています。




TUCTIKURA_07.jpg
車を置いた場所から選鉱場敷地内に入ります。




TUCTIKURA_08.jpg
ゲートをくぐって行きます。




TUCTIKURA_09.jpg
小さな広場に出ました。




TUCTIKURA_10.jpg
遺跡のような建物を一つ一つ撮って行くのは
かなり時間が掛かるのですが…せっかく来たのだから。。




TUCTIKURA_11.jpg
またゲートをくぐって先に進みます。





TUCTIKURA_12.jpg
段差のない階段がありました。
さらにトラロープ…おかげで登れます。
設置していただいた方に感謝です。




TUCTIKURA_13.jpg
2階部分に到着。長い間に台座などが
風化したのでしょうか?角が丸くなってます。




TUCTIKURA_14.jpg
坑道があったので入ってみます。
T字になっている通路を左に曲がると
天井に何かぶら下がっています。




TUCTIKURA_15.jpg
通気口のようです。
覗いてみたら空が見えました。




TUCTIKURA_16.jpg
さらに奥に続いていますが…
人為的に埋められたのでしょう。




TUCTIKURA_17.jpg
反対側の通路を進むと外に出れますが…落ちますよ!




TUCTIKURA_18.jpg
通路から出て大きなゲートをまたくぐり進みます。
この写真は振り返った所。今入った坑道が口を開けてます。




TUCTIKURA_19.jpg
またも段差のない階段を登ると、先程の柱の部分に出ました。
いやぁ〜壮観な眺めですね!!本当に神殿みたい。。




TUCTIKURA_20.jpg
建物が建っていた跡でしょうか?




TUCTIKURA_21.jpg
壁側には無数の坑道が…




TUCTIKURA_22.jpg
さらに登って山を入れての風景写真。
新緑が清々しいです♪





TUCTIKURA_23.jpg
上から見たシックナー。雨水が溜まってます。


【後編へ続く】

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。