スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土倉鉱山跡(後編)

滋賀県
【探索日】2004年5月
 
滋賀県と岐阜県の県境に位置する土倉鉱山跡。
その歴史は、明治末期に鉱脈が発見され、主に銅、硫化鉄
他に金や銀、そして微量だが鉛も産出された。
埼玉の日窒鉱山で有名な日窒鉱業が運営していた。
戦時中が最盛期だったそうで1500人もの鉱山関係者が
勤めていた。さらに大陸からの強制連行者も働かされていた。
多くの労働者が事故やじん肺、自然災害で命を落とし、
さらに海外からの安い銅に押されて、昭和40年頃に閉山した。


TUCTIKURA_24.jpg
上から見た柱群、、向こうの広場では
家族連れがバーベキューをしていて、選鉱場内に
イイ香りが漂っています。。




TUCTIKURA_25.jpg
坑道の一つを覗いてみました。




TUCTIKURA_26.jpg
コケに覆われた坑道もあります。




TUCTIKURA_27.jpg
こちらは…覗くのが怖い奥の見えない坑道。




TUCTIKURA_28.jpg
まだまだあります、丸くなった台座。




TUCTIKURA_29.jpg
巨大なシックナーの下にも坑道があります。




TUCTIKURA_30.jpg
中はこんな感じ。。





TUCTIKURA_31.jpg
もう少し上に行ってみたいと思います。
この階段…削ったのかな?




TUCTIKURA_32.jpg
屋根のない建物がありました。
頑丈なブロック造りです。




TUCTIKURA_33.jpg
入口からおじゃまします!




TUCTIKURA_34.jpg
当たり前ですが、中には何も残っていません。




TUCTIKURA_35.jpg
柱が立てられていた穴でしょうか?
落ちる事はないと思いますが転ぶには充分。




TUCTIKURA_36.jpg
覗いてみると…ゴミが散乱してました。




TUCTIKURA_37.jpg
出口からおじゃましました。。




TUCTIKURA_38.jpg
落ち葉が満タンに詰まったシックナー越し。




TUCTIKURA_39.jpg
鉄柱が残されています。これだけのコンクリートに
囲まれていると、一つだけでも違う物質があるとホッとします。




TUCTIKURA_40.jpg
建物跡がこちらにもありました。




TUCTIKURA_41.jpg
先程の建物が上から見えます。




TUCTIKURA_42.jpg
こちらにも坑道が口を開けていました。




TUCTIKURA_43.jpg
さらに上に登れるようですが、体力の限界で断念;




TUCTIKURA_44.jpg
シックナーを横目で見ながら泣く泣く撤収。




TUCTIKURA_45.jpg
この上には何が残されているのでしょうか…




TUCTIKURA_46.jpg
選鉱場横に立てられている石碑
「土倉鑛山鑛友顕彰碑」と掘られています。




TUCTIKURA_47.jpg
草木に覆われた建築物。




TUCTIKURA_48.jpg
所々に木造の家屋が倒壊した形跡が残されています。




TUCTIKURA_49.jpg
柵で塞がれた坑口がありました。
手前には水が流れる側溝があるので注意です。




TUCTIKURA_50.jpg
柵越しで中を撮影。奥からも勢い良く水が流れ出て来ています。
ちなみに…虫や小動物の巣窟との話も聞きました(汗)




TUCTIKURA_51.jpg
遭遇はイヤなので断念です。




TUCTIKURA_52.jpg
山道をしばらく歩くと小さな祠がありました。




TUCTIKURA_53.jpg
「昭和十六年十二月 土倉鉱山」と台座にあります。




TUCTIKURA_54.jpg
向いの川に突き出た排水管。
坑道から流れ出た水がこちらからも出てます。




TUCTIKURA_55.jpg
さらに山道は続きますが、今回はこれで終了です。

噂されていた神殿のような造りの土倉鉱山、
やっと巡り合え、そして感動をして帰路につきました。
いずれ自然に帰っていくかと思うと…訪れてみて本当によかった。

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。