スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立石祠

レポ提供:ヴラド魔王様

東京都葛飾区

tateishi_01.jpg
立石祠を見に行くには京成線青砥まで行きます。





tateishi_02.jpg
辿り着くまで15分程。高架橋沿いを立石駅方面に歩きます。
そして最初交差点を対岸に渡り、左に曲り2つ目交差点が
見えて来ましたら其処を右に曲がります。






tateishi_03.jpg
最初の角を右に曲りますと、児童公園が見えて来ます。
其処が立石祠の入口。






tateishi_04.jpg
なんと!児童公園に鳥居があります。2つも…





tateishi_05.jpg
立石祠案内板です。





tateishi_06.jpg
これが立石です。




tateishi_07.jpg
鳥居を潜りまして立石を撮影しました。
地上に僅かだけ露出してます。今から150年前には
地上60cm程に露出し、冬には縮小して小さくなり、
夏に成ると膨張して大きくなると云う不思議な奇石。
別名「立石様」とも謂れ、地名の由来と成った。
また地中に隠されている深さが計り知れない事から
「根有石」とも呼ばれてます。
石は南へ70キロ離れた千葉県にあります、鋸山周辺に
存在する房州石(凝灰岩)だとせれてます。





tateishi_08.jpg
文化三年(1806年)に地元の名主島田新右衛門が、
村民の協力得て三日三晩掘下げを試みたが…
石の底は一行に現れず、おまけに関係者から病人が続出した為、
立石の祟りだと恐れ、工事を取止めて文化八年、
立石稲荷大明神として祀り、文化十二年には鳥居まで寄進されました。
明治以降も何度も発掘が試みられたものの、
全く石の底が現れず断念されました。





tateishi_09.jpg
立石の後には小さな石の社がありました。





tateishi_10.jpg
かなり古い物ですねぇ。何とか文字が見えます。





tateishi_11.jpg
石社の斜め後のにも道祖神碑でしょうか?
もう一つ立石がある見たいですねぇ。





tateishi_12.jpg
童心(笑)に戻りまして…滑り台から立石を撮影。





tateishi_13.jpg
立石の背後に在る銀杏の姿が凄いですねぇ…
石の力でしょうか?立石祠は24時間開いてます。
児童公園ですので子供さんも遊んでますので、
それなりの配慮を…また住宅地に囲まれてますので
静かに訪問しましょう。

以上立石祠レポートでした。

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。