スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日窒鉱山

埼玉県大滝村
【探索日】2003年12月

案内人:「異界への招待状」やっくん様

現役時代秩父鉱山と言われていた日窒鉱山。
三千人を越す鉱夫と家族が暮らしていた。
鉱山の規模縮小に伴いみな離れて行き
現在は百名ほどが作業を続けている。
この場所は山岳修行の場とした歴史があり、
江戸時代に金鉱脈が発見され、鉱山に人が集まった。
第一次大戦中、衰えていた鉱山が勢いを盛りかえしたが
終戦によりまた閉山。昭和初期に再び操業を再開して
現在に至っている。


nichitu_01.jpg
まだ操業中の工場、その周りにも建物がありますが、
ほとんどが使われなくなった建物です。





nichitu_02.jpg
木造建築で長い間、風雨にさらされて痛んでいます。





nichitu_03.jpg
山肌に工場が点在しはじめました。





nichitu_04.jpg
操業しているであろう工場群。





nichitu_05.jpg
錆び付いた鉄塔。





nichitu_06.jpg
林の中に大きな建物。
小学校ですね…今は使われていないですが。





nichitu_07.jpg
川を渡る通学橋…かなり錆びている。





nichitu_08.jpg
立ち入り禁止になっています。





nichitu_09.jpg
唯一の進入ルートが閉ざされているので、
中には入れませんでした。





nichitu_10.jpg
アップにして写しましたが…ガラスが割れていますね。。





11nichitu_11.jpg
別の建物です。山の斜面に佇む使われなくなった集合住宅。





nichitu_12.jpg
道路際に慰霊碑が祀られています。





nichitu_13.jpg
こちらも集合住宅。かなり痛んでいる様子がわかりますか…





nichitu_14.jpg
郵便局、まだ営業していると言われているので
遠目からの撮影だけ。





nichitu_15.jpg
川岸に見える建物は全て人が住んでいない廃墟。





nichitu_16.jpg
近付けないので雰囲気だけでも…





nichitu_17.jpg
一見すると住んでいそうですが…





nichitu_18.jpg
さらに二階部分のアップ。





nichitu_19.jpg
全部廻りたいのですが、どの家が住んでいるのかわからない…





nichitu_20.jpg
山の上に見えるのも大きな住宅。





nichitu_21.jpg
日窒鉱山の一番奥にある集落。半分以上は廃ですが、
役場などがあり住人ともすれ違います。





nichitu_22.jpg
この大きな建物は集会場。





nichitu_23.jpg
最後に役場か病院と思われる建物を写して終了。
いずれ住んでいる人も離れ、町そのものが
地図から消えてしまうのでしょう…

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。