スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金原本隧道

正式名称:磐田用水土地改良区連合旧取入口

レポ提供:みっと様

静岡県西部地区


iwatayousui01.jpg
飛龍大橋を浜北から天竜方向へ渡りながら、前方左側の天竜川川岸を見ると、トンネルが三つ並んでいるような形の構造物があります…
以前から気になってはいたんですが、今日行ってみました。


iwatayousui02.jpg
見事な水門です。
昇降板(正式名称?)がスライドするガイドの溝は鉄製で、幅が20センチほどあり、昇降板は両側をワイヤーで吊って開閉していたらしく、天井にはワイヤーの通る穴が開いています。
ただ水が流れて来たと思われるトンネルはしっかりと塞がれていました。写真ではわかりにくいですが、向かって右側(東)のアーチ形状の一段上にもうひとつ坑口がありそれは10メートルほどで行き止まりでしたが、この奥の壁に一枚が約50センチ四方の大理石の扁額があり(五枚)右から金原本隧道と書かれていました。天竜川で金原と言えば金原明善でしょうか?


iwatayousui03.jpg
けもの道すらない原生林と、もろく崩れやすい岩、急傾斜の崖を進んで、ようやくたどり着いたんですが、たぶん水門だったと思われます。たいそうな規模です。昇降板がスライドするレールや吊り上げるワイヤーを通す穴など往事の勇姿を伝えています。しかし、ちょと検索したかぎりでは、一体なんなのかわかりません。
「金原本隧道」という立派な扁額もありましたが、??です。
どなたかわかる方いらっしゃいますか?

磐田用水土地改良区連合旧取入口
船明ダム完成まで可動(昭和19年〜昭和54年)

この記事へのコメント

- 用水 - 2015年03月25日 10:08:02

こちらは阿蔵(あぐら)取水口かと思われます。
天竜川左岸への農業用水の取水口です。
磐田と袋井のほぼ全域の水田に天竜川の水を引いていました。
天竜川左岸の取水口は、流路変化や河床低下によって
神田取水口→阿蔵取水口→船明ダム と移り変わっていきました。
飛龍大橋下流には神田取水口跡も現存しています。

- 屋敷サカヱ - 2015年03月27日 20:20:27

>用水様
情報ありがとうございます。
ttp://www.iwatou.com/history/irrigation.html

神田取水口跡も探してみたいと思います。

トラックバック

URL :

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。