スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆月海軍望楼跡

石川県門前町

【探索日】2008年5月

能登半島にある皆月海軍望楼跡。日露戦争前に
創設され、太平洋戦争終戦後は米軍も使用した要所。


MINADUKI_01.jpg
着いたのは夕暮れ時・・・こんな時間にもちろん誰も居ない。
そして、さすが崖の上の突っ先! 風が半端なく強い!!
飛ばされそうになりながらも薄暗い松林を抜け望楼跡に到着。





MINADUKI_02.jpg
レーダー施設跡に建てられた展望台に上ってみます。

〜案内看板より〜
皆月海軍望楼は北緯37度21.6分、東経136度45.7分に位し、海抜162米(メートル)、
展望の広きこと全国望楼中優秀の位置を占むと言う。日清戦争後、来るべき日露の開戦に
備え露国艦隊を睨む日本海の防衛基地として、明治29年12月に創設された。
海上見張、通過船舶との交信・無線通信、気象観測及び軍事諸教育施行等の任に赴き、
日本海大海戦勝利への一助を果たした。
その後、一時的な平和の到来により大正10年軍事施設を撤去、昭和4年気象業務も
輪島測候所に移転し、望楼は廃止された。大平洋戦争開戦時の昭和16年12月8日、
既に戦略上の要衝として、舞鶴鎮守府直轄の鋸崎「皆月海軍特設見張所」が再建構築され、
兵員も配備されていた。又、一時民防空「六番皆月監視哨」も併置されていた。
昭和20年(1945年)8月15日、敗戦を似って終結、日本海軍は終焉し、その任を閉じた。
戦後、アメリカ軍がこの地を接収し、対空レーダー基地として改設軍務駐留したが、
一冬後、輪島に基地を移動転去し無人に帰した。

門前町はこの台地、旧見張台。電探据付基礎及び米軍レーダー設置台跡地点に
「旧海軍望楼跡」と昭和47年4月、記念の石柱を建立し、現在に至っている。





MINADUKI_03.jpg
眼下に広がる日本海。。天気が良ければ中国大陸まで見えそう。





MINADUKI_04.jpg
強い風で息苦しくなったので階段で高台下へ移動。
コンクリートの遺構がちらほら見えます。





MINADUKI_05.jpg
ぐるっと移動すると説明看板がありました。





MINADUKI_06.jpg
兵舎の跡だったようです。





MINADUKI_07.jpg
草に隠れてる遺構。





MINADUKI_08.jpg
唯一建物らしいものはこれだけ・・・とても小さいです。





MINADUKI_09.jpg
茂みの中に防空壕が・・・さすがに掻き分けて入りませんでした。





MINADUKI_10.jpg
発電機跡。しっかり土台は残っているものです。





MINADUKI_11.jpg
看板が倒れていますが砦の井戸だそうです。
この望楼唯一の水補給元だったのでしょうか。





MINADUKI_12.jpg
探したら・・・見えてないし危ないでしょ><
夕闇に追い立てられる様にこの場所を去ります。
さすがの米兵でも一冬しか我慢出来なかったのでしょうね。

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。