スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着弾観測所

石川県内灘町

【探索日】2008年5月

〜案内看板より〜
この建物は昭和28年内灘砂丘が米軍の特需砲弾試射場として
使用されていた時、発射された砲弾が目標への的中率と爆発、
不発の確認を行った着弾地観測所である。
通称O・P(オペレーションポスト)と呼ばれ見晴しの良い
丘の上に立てられたものであり、
昭和32年(1957年)1月まで使用されていた。
内灘町


Kansoku_01.jpg
小高い丘に立つコンクリートの建物。
今回、正体を確認するために近付きます。





Kansoku_02.jpg
果てしなく車で彷徨いようやく見つけたのがこの看板;





Kansoku_03.jpg
徒歩240m…されど240m; 荒れ放題の歩道を草木をかき分け前進。
上空は蜂やアブが乱舞し、足元には毛虫が所狭しと密集;






Kansoku_04.jpg
やっと辿り着きました・・・
案内看板が真新しく見えます。






Kansoku_05.jpg
長い年月、潮風に晒され風化が進んでいます。






Kansoku_06.jpg
厳しい冬の時期に暖を取ったであろう煙突が残ってました。






Kansoku_07.jpg
入り口から中へ入ってみます。






Kansoku_08.jpg
狭い空間に強烈に差し込む光。






Kansoku_09.jpg
さらに・・・様々な虫たちの羽音や足音が充満。






Kansoku_10.jpg
窓からは日本海と砂丘が見渡せます。






Kansoku_11.jpg
外にあった煙突のもと・・・






Kansoku_12.jpg
延々と響く虫たちの立ち退きコールに降参。





Kansoku_13.jpg
澄み渡った五月晴れの空。





Kansoku_14.jpg
爆風よけの細い窓。





Kansoku_15.jpg
一通り見学し、また草木をかき分け撤退。
帰宅後調べてみると当時は大変だったようです。


内灘闘争…石川県内灘村(現在の内灘町)で起きた米軍の試射場接収に反対する運動。

1950年(昭和25年)朝鮮戦争勃発。日本の企業はアメリカ軍への砲弾を供給していた。
性能検査をするための試射場が必要となり、長い海岸線をもつ場所が選ばれ
静岡県御前崎と、石川県内灘が候補になり、1953年(昭和28年)最終的に
内灘に決定された。これに対し村議会は反対決議を行い、村を二分した闘争に発展。
政府は石川県選出の参議院議員を説得に当たらせた。接収が焦点となった
参議院選挙では、白熱した選挙戦となり、接収反対を掲げた候補が当選。
闘争はアメリカ軍の撤収で終息した。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。