スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧八百津発電所[前編]

岐阜県八百津

【探索日】2008年12月

明治44年(1911年)に木曽川水系で初の本格的な発電所として建設されました。
明治・大正・昭和の3代にかけて産業の近代化への道のりを支えてきました。
昭和49年(1974年)新しい丸山発電所の完成により閉鎖となり63年間に渡る
発電の歴史に終止符を打ちました。
平成10年(1998年)5月1日、日本の水力発電の歴史を物語る貴重な資源として
国の重要文化財に指定され、資料館として新しくスタートしました。



Yaodu_01.jpg
駐車場に車を止め紅葉が美しい小道を歩きます。





Yaodu_02.jpg
木曽川の水面に映るモダンな旧八百津発電所。





Yaodu_03.jpg
白いヨーロッパ風建物が青空に映えます。





Yaodu_04.jpg
当時のまま残る送電線や変圧器、とても大きな尖った碍子。





Yaodu_05.jpg
旧八百津発電所は資料館として生まれ変わり、
1階の送電棟の母線室が情報コーナー(町民ギャラリー)になり
八百津町の文化や歴史を見ながら憩える場所となっています。





Yaodu_06.jpg
発電棟の天井の高さは12mととても広い空間。
放熱性を考慮した構造だそうです。。





Yaodu_07.jpg
大きな水車に発電機を直結した発電装置が3組設置されています。
水車は当初、米国モルガン・スミス社製でしたが、破裂事故を起したため、
大正12年(1923年)電業社製横軸短輪複流式渦巻型フランシス水車に
取り替えられました。発電機は米国ゼネラル・エレクトリック社製
(最大出力7,500KW)で水車の取替同時期に芝浦製作所がコイルを巻き替え、
最大出力が9,600KWに引き上げられました。





Yaodu_08.jpg
当時のまま展示保管されています。





Yaodu_09.jpg
どこかで見た白い装置・・・





Yaodu_10.jpg
使い込まれた感があるハンドル。





Yaodu_11.jpg
アーチ型の窓から差し込む光がとても優しい。。





Yaodu_12.jpg
2階に展示されていた建築途中の発電所の写真。
配電室だった2階には考古学資料や民具など
歴史資料が展示されています。





Yaodu_13.jpg
2階からは発電室全てが見渡さるようになっています。





Yaodu_14.jpg
当時の発電室の写真も置かれていました。





Yaodu_15.jpg
表に出て建物を見上げると、空に吸い込まれそうな感覚になります。

[後編へ続く]

この記事へのコメント

- じゃんたいら - 2015年10月28日 01:55:28

大変ご無沙汰してました。お元気でしたか?

発電所、きれいですね。自分も行きましたが、時間の関係で外見のみ…
こんなにきれいなら、後日、再訪しようかな。

- 屋敷@管理人 - 2015年10月28日 11:00:16

じゃんたいらさん
大変ご無沙汰しております!!お元気でしたか??
この場所は建物以外にも紅葉も桜も見どころですので
ぜひ見に行ってみてくださいませ〜

- じゃんたいら - 2015年11月05日 03:44:22

元気でしたよ~
自分は、最近はダム巡りをぼちぼち…
次に丸山ダムに行った折には、発電所もじっくりと。

- 屋敷@管理人 - 2015年11月05日 20:34:39

じゃんたいらさん
向かいの骨材プラント跡と
例のトンネルを抜けた崖にある旅館も見どころですよ。。

- じゃんたいら - 2015年11月06日 01:41:16

プラント跡は、もうなくなっていたような…
崖の旅館跡?「いさまつ」とか言ったような?早く見に行かないと沈んじゃいますね。

- 屋敷@管理人 - 2015年11月06日 10:44:04

がーん( ̄□ ̄;)

- じゃんたいら - 2015年11月24日 14:53:40

- 屋敷@管理人 - 2015年11月24日 16:23:50

じゃんたいらさん
旅足橋も貴重な物件だったんですね・・・

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。