スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンガの発電所跡

静岡県中部

【探索日】2007年4月

工場の自家発電所として明治43年(1910年)に
建設されました。昭和6年(1931年)に一時稼動を中止し、
昭和27年(1952年)に再稼動後、昭和36年(1961年)に
完全に使命を終えることになりました。
ドイツ人設計師によるルネッサンス様式の建物は、
近代化遺産としてシンボルとなっています。


PowerplantZ_01.jpg
住宅地にポツンと残されたレンガ造りの建物。





PowerplantZ_02.jpg
春の光を浴びたモダンな赤レンガ。





PowerplantZ_03.jpg
長い年月風雨に曝されて、傷みがそこかしこに…





PowerplantZ_04.jpg
それでは建物内に入ってみます。





PowerplantZ_05.jpg
…がらんどう;
丸窓から差し込む光が眩い。。





PowerplantZ_06.jpg
発電機械の一部なのでしょうか。





PowerplantZ_07.jpg
錆びるに任せて朽ちていきます。





PowerplantZ_08.jpg
雨水の侵食も顕著。これも時代の流れ。





PowerplantZ_09.jpg
建物の隅っこに放置された大型の碍子。





PowerplantZ_10.jpg
静かな空間と化した発電所内を後にします。





PowerplantZ_11.jpg
象徴的な丸窓ともお別れ。





PowerplantZ_12.jpg
最後に取水口側を見学します。
この素晴らしい近代化遺跡を保存してもらいたいですね。

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。