佐渡金山[後編]

新潟県佐渡市

【探索日】2006年9月

慶長6年(1601年)開山、産出された金銀は徳川幕府の基礎を
築き、日本最大の金山としてその名は全国に知られてきました。
金山の鉱脈は東西に約3000m、南北に約600m、深さ約800mの範囲に
分布しており、宗太夫はその西の端に位置しています。
平成元年(1989年)3月鉱石が枯渇したため採掘が中止されました。

金の生産量
【江戸時代】……41トン
【明治時代】……8トン
【大正時代】……7トン
【昭和時代】……22トン
合計……78トン


sado_13.jpg
発掘中の坑夫!? 機械仕掛けの役人が口々に
働け〜休むな〜って言ってます;





sado_14.jpg
奉行所直雇いの技術者も働いてます。





sado_15.jpg
風を抗道内に送り込む穿子と、沸き出した地下水を排水する掛樋。





sado_16.jpg
抗道内に無数に掘られた狸穴。





sado_17.jpg
立抗に多くの坑夫が休まず作業中。





sado_18.jpg
背を伸ばせれないような低い天井。





sado_19.jpg
金の鉱脈が発見された時に行われる間歩開きの祝。





sado_20.jpg
江戸時代初期の富鉱のひとつ青盤脈を掘った
宗太夫坑の見学を終わります。






sado_21.jpg
帰りの途中で見掛けた施設跡。近くで
作業していたので外からの見学だけ。






sado_22.jpg
昭和の臭いがする大きな木造建築。






sado_23.jpg
山を登る途中にも点在。






sado_24.jpg
入り口が開いていた建物の内部をちょっとだけ。
佐渡金山には観光施設とは別にまだまだ見学できる場所があり
とても興味深いところです。

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR