スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルL[後編]

静岡県西部

【探索日】2006年10月・11月

周辺の宅地開発が進み、そろそろ最期にかなと感じ、
訪れることにしました。


HOTEL_L01.jpg
薮を抜けると荒廃した建物が以前のまま建っています。





HOTEL_L25.jpg
荒らされ放題のキッチン。何を求めてここまでするのか?





HOTEL_L26.jpg
飛散防止のガラスもこれでもかと割られています。





HOTEL_L27.jpg
モダンなピンクのイスが悲しげ。





HOTEL_L28.jpg
壁には・・・訪問を歓迎してくれているようです。





HOTEL_L29.jpg
隣の部屋には電話器と暖房機が埃を被っていました。





HOTEL_L30.jpg
従業員用のお風呂もコンパクトです。





HOTEL_L31.jpg
足元に散らばる年代物パンフレット。





HOTEL_L32.jpg
いよいよ我々の未到区域に進みます。
左館と変わらぬ荒廃ぶり・・・





HOTEL_L33.jpg
雑木林の影になっている為に無気味さが半端ではない。





HOTEL_L34.jpg
回転ベッドの台座のみ残されています。





HOTEL_L35.jpg
高級感溢れる装飾。





HOTEL_L36.jpg
お風呂も心なしか豪華で広い。





HOTEL_L37.jpg
でも盛大に荒らされている。





HOTEL_L38.jpg
隣の部屋も嵐が過ぎた痕のよう。





HOTEL_L39.jpg
綺麗な装飾に目を奪われ一時の安らぎ。





HOTEL_L40.jpg
目を転じれば現実が…





HOTEL_L41.jpg
すべてがひっくり返った部屋。





HOTEL_L42.jpg
踏み込みたくない部屋も。





HOTEL_L43.jpg
雨水で畳みが変形し床が腐っている部屋。





HOTEL_L44.jpg
造りが立派なのに…もったいない。





HOTEL_L45.jpg
気が重くなりました。





HOTEL_L46.jpg
通路の下を見るとジュークボックスが放り投げられています。





HOTEL_L47.jpg
本館を見て廻り終え別棟の受付へ…こちらは崩壊寸前です。





HOTEL_L48.jpg
最後に現役時代に訪問者をずっと見守っていたランプに
別れを告げて撤収しました。

この記事へのコメント

今はもう - 暗闇坂 麗蠍 - 2017年03月29日 10:20:00

更地になっちゃったんですね。

- 屋敷@管理人 - 2017年03月29日 10:29:22

暗闇坂さま
ご無沙汰しておりますm(_ _)m
近いうちに確認してまいります!!

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。