スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小笠池

静岡県掛川市
【探索日】2003年12月

案内人:みっと様

前回小笠トンネル探索の時に
土砂崩れで進めなかった吊り橋を目指し、
再挑戦を掛けました。


pool01.jpg
駐車場に到着後、前回写すのを忘れたトイレを撮影。
つい最近閉鎖されてしまったとか。
※現在はリニューアル。



pool02.jpg
隙間から男子トイレをちょっと拝見。


pool03.jpg
女子トイレも拝見。


pool04.jpg
戸が壊されています。トイレットペーパーがまだ…


pool05.jpg
トンネルへ向かう前にもう一度外観を撮影。


pool06.jpg
ニつの小笠トンネルを素通りし
途中から見た小笠池…水が完全に抜けている状態。


pool07.jpg
橋の下を見てみると浮島がここに係留(?)されています。


pool08.jpg
三つ目のトンネルを抜け、前回土砂崩れのため引き返した
場所から奥へ進みます。途中には崩れて埋まった
休憩所の屋根が僅かにのぞいていました。


pool09.jpg
道が崩れています。一応ロープが張ってありますが…
迂回して山道に入ります。


pool10.jpg
険しいハイキングコース(?)をしばらく歩くと
吊り橋が見えてきました。


pool11.jpg
「やはぎはし」吊橋架設が昭和55年3月で、
改修されたのが平成8年3月だそうです。


pool12.jpg
結構な高さがありますが、頑丈なので安心して渡れます。


pool13.jpg
堤の方を…池の中に取り込み口が見えます。


pool14.jpg
山側の方も…みっと様はこの沢を登った事もあるそうな(汗)


pool15.jpg
下を覗いてみましょう!!何かの足跡が点々と残っています。


pool16.jpg
拡大して…鳥でしょうか?


pool17.jpg
野鳥観察用の建物です。


pool18.jpg
小笠山憩いの森とよばれている休憩場。


pool19.jpg
先程の浮島が係留されていた階段です。
そのまま降りると池に落下ですよ!


pool20.jpg
建物があったので拝見する事にしました。


pool21.jpg
ハンドルが4つ。用水取り入れ口の施設でした。


pool22.jpg
鎖で固定されていますが、まだ稼動するのでしょうか?


pool23.jpg
ハンドルの先のケーブルとはしご…


pool24.jpg
小笠山憩いの森入口にあった石碑です。
…小笠池竣工記念碑より…
小笠池沿革
此の小笠池は団体営県営下小笠川用水改良事業として、
昭和二十七年着工、昭和三十九年竣工。
総工事費8623万円で、堤長89.69米、堤高24.6米、
満水面積29380平方米、貯水量201500立方米、
集水面積37ヘクタールである。本溜池は新設で
当時は機械力もなく殆んど人工で運搬道路、付替道路
及び隧道三ヶ所用水路等構築し旧土方村一圓を潤し
山水の美は観光的にも永遠の宝庫的存在である。
昭和47年11月建立


pool25.jpg
堤の上をぼちぼちと歩いていきます。


pool26.jpg
ちょうど近所の方がいらっしゃったので、お話を伺うと
小笠池の堆積した土砂を取り除いて、取り入れ口を直す
工事の準備のため、水を抜いたとか。


pool27.jpg
先程の吊り橋が池の奥に見えます。


pool28.jpg
山の上の小笠神社の社務所と宿泊研修施設。


pool29.jpg
道を下っていくと小笠トンネルの1つ目の入口に到着。
これで小笠池探索は終了です。ご案内頂きましたみっと様、
お陰様で色々面白い発見が出来ました。
ありがとうございました。。


pool2004.jpg
2004年3月に送っていただいた写真。
1月の深夜その火災は起きた。
案内板は半焼し、消火剤たガラスが飛び散り、
車が全焼していたそうです。
車の中でシンナーを吸っていて引火したとか…
このような人里はなれた場所では、
何が起るか何に遭遇するか判りません。
探索時には充分注意して下さい。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。