スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十九首塚(じゅうくしょくびづか)

静岡県掛川市
【探索日】2002年4月

掛川市十九首町。地名の由来は19人の武将の首級が埋葬された場所。
昔、関東で勢力をのばした「平将門」の首級がここに埋葬されていると言われています…

1901.jpg

~案内看板より~
平安時代、下総の国(千葉県)を中心に勢力をのばした平将門は、
天慶3年に常陸の国(茨城県)の国府を襲撃し天慶の乱が始まった。
朝廷の命を受けた豪族の藤原秀郷らは、平将門を討ち4ヶ月で乱は納まる。
藤原秀郷は、討ち取った平将門以下家臣19名の首級を持って上洛。
掛川市のこの地で、朝廷の勅使と会い検視がおこなわれました。
この時、首級を小川で洗って橋に掛けたのが「掛川市」の語源とか…
秀郷は屍に鞭打つ事は非道とし、19基の塚を造りここに埋葬した。
土地開発等により、現在は一つだけが残されており、
春秋二季の彼岸、8月15日の命日に供養祭がおこなわれています。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。