スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久根鉱山跡(昼間編)

静岡県西部地区
【探索日】2004年4月

同行者:itou様

江戸時代から掘削されていた歴史ある銅山。
全盛期は大正時代で、当時は約2000人が鉱山に従事していた。
足尾銅山で知られる古河鉱山が経営していたが、
海外からの輸入におされ昭和45年(1970年)閉山。
現在は坑道から流れ出る鉱水の処理施設が稼動しています。
周囲には操業当時の盛況を思わせる商店が建ち並び、
数十年前までは映画館などもあったそうです。


kune_01.jpg
静岡県を流れる天竜川の上流に二つの鉱山跡がある。
その一つ、久根鉱山跡を探索するべく車を走らせてきました。
天竜川の川岸に残された選鉱場跡。昭和9年頃まで川を使って
銅を出荷していたそうです。


kune_02.jpg
国道から下へ向かう細い道を歩いて下って行きます。
左に見えるのは稼動していると思われる工場。


kune_03.jpg
その工場入口に置かれた手動式クレーン。
年代物のように見えますけど…


kune_04.jpg
鉱山入口到着!関係者以外立ち入り禁止です。
…ではお邪魔します。


kune_05.jpg
長く細い山道を進んで行くと
事務所が見えてきました。入口には
新しい看板が掛けられていましたので
鉱水処理の管理事務所です。


kune_06.jpg
道路にはトロッコが走ったと思われるレールが
続いていました。この先には坑道があります。


kune_07.jpg
事務所横に建っている建物。外から見た限り
発電施設と思われます。


kune_08.jpg
坑道から流れ出てきた茶色い水。
一度溜めて置いてから川へ流しているみたいです。


kune_09.jpg
小川に架かる古びた橋。


kune_10.jpg
坂を下って川岸上部に出ました。
これはベルトコンベア?


kune_11.jpg
さらに下に続いています。


kune_12.jpg
天竜川上流を施設跡越しに望む。


kune_13.jpg
新しい管や古い管がグチャ混ぜになった選鉱場跡。


kune_14.jpg
コンクリートの上に緑が侵食してきています。


kune_15.jpg
もう一度岸壁から下を覗いてみます。
階段はあるのですが…所々穴が開いてました。


kune_16.jpg
下へ降りるのを断念して、施設を見て回ります。
溜まった水がネチャーとして…


kune_17.jpg
案外小さい選鉱場跡…ここで上の方から話声?
誰か来た!と思ったら姿形が居ない(冷汗;)


kune_18.jpg
坂を登って戻ります。


kune_19.jpg
途中で見かけた土蔵?頑丈な造りから想像すると、
火薬庫として使われていたのでしょう。


kune_20.jpg
鉱山入口で見かけた坑道のような入口。
昭和二十七年三月竣工と刻まれていた。


kune_21.jpg
鉄の扉に閉ざされている坑道。
隙間から中を拝見。


kune_22.jpg
崩れているのかな…奥に続いている雰囲気はあります。


kune_23.jpg
右側の扉。こちらも隙間から覗いてみます。


kune_24.jpg
よく判らないですが、肉眼で見るとこちらも
奥へ続いているようです。ここで久根鉱山終了!
今回はあまり詳しく見て回らず、本番に備えての下見。
川岸の選鉱場跡、坑道などは次回と思い撤収。
…後日訪れた時は撮影を拒否されました。。

この記事へのコメント

プロフィール

屋敷サカヱ

Author:屋敷サカヱ
「NeoNATS」へようこそ!
‘過去’に探索・サイト公開した物件を公開してます。
5月から月2回の不定期更新になります。
よろしくお願いします(*´∇`)ノ

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2掲示板
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。